耳をすませばのバロンって声優はいったい誰なの?

LINEで送る
Pocket

耳をすませばには

バロン

という猫の人形が登場する。

 

そして、

耳をすませばでバロンが喋るシーンで
演じている声優は誰なのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

耳をすませばでのバロンの声優はこの人

耳をすませばで
バロンの声優を演じているのは

俳優として活躍していた

露口 茂(つゆぐち しげる)さん

である。

 

太陽にほえろ!シリーズの
山村精一刑事をはじめとして、

数々のテレビドラマや映画に出演し
昭和頃に活躍していた俳優である。

 

ちなみに声優としても

昭和頃のラジオドラマや吹き替え等で
活躍していて実績もある。

 

そして、

露口さんのバロンにまつわるエピソードとして
このようなものも存在する。

 

またジブリ映画「耳をすませば」のバロンの声を務めた。
COMIC BOX 1995年9月号のインタビューでは露口自身が

「宮崎さんから依頼されたんですが、何しろアニメで、
しかもネコの声をやるだけなんて初めてですし、

こういうのはむしろ専門の方がいらっしゃるでしょうと、
まずはお断りしたんですよ・・・

宮崎さんと話しているうちにその魅力に引かれ、
やはりこの宮崎さんとの貴重な出会いを大切にしたいなと思い、
引き受けることにしました。」

「なかなか自分で納得がいかないものですから、
何度も自分からお願いして取り直させてもらったんです。

何しろ猫である上に、全体のドラマの中でも核というか重要な役ですからね。
台詞はほんの何行かですけどすごく重い。」と語っている。

 

引用元 – 露口茂(Wikipedia)

 

最初は断ろうとしたというのは
なんだか意外なことだと思うし、

台詞が少ないのに何度もとりなおしたという事で
作品に対する熱というものを感じるエピソードになってると思う。

 

よく劇場アニメなどで
芸能人が声を当てるケースが多く

現在では当たり前となってきているけど、

 

中には

「専門の人の方が」

と断る人も他にいたりするのかなと思ったりする。

 

スポンサードリンク

 

耳をすませばと猫の恩返しでバロンの声優が違うのは?

バロンと言えば
耳をすませば以外でも

猫の恩返し

に登場しているのはご存知の通りだ。

 

しかし、

猫の恩返しでのバロンの声優は
耳をすませばの露口茂さんではなく

袴田 吉彦(はかまだ よしひこ)さん

となっているのだ。

 

なんで猫の恩返しと耳をすませばで
バロンの声優が違ってるかというと

 

まず1つは
猫の恩返しの森田宏幸監督曰く

「若々しい感じを出したかった」

という事である。

 

確かに

露口さんのバロンは老成していて
落ち着いた紳士の渋い声であるのに対して

 

袴田吉彦さんのバロンは

低い声であるものの
どことなく若さを感じさせる印象だ。

 

猫の恩返しのバロンも
渋く落ち着いたという感じでもないし、

そういう意味では
袴田吉彦さんの方があってたのかもしれない。

 

耳をすませばのバロンも
だいぶ古い人形だったので

渋い感じになったのかもしれないし。

 

そしてもう1つは

露口茂さんが猫の恩返しの時点で
芸能活動をしていなかった

というのが挙げられる。

 

露口さんは1995年以降は
俳優などの芸能活動が見られず、

 

『週刊女性』2013年5月14・21日合併号の企画
「GW総力取材 ’80年代に輝いていたあの芸能人の今でしょ!!」
のインタビューでは、

元気で普通の生活を送っているが、
役者として復帰は考えていないことを述べ、

事実上俳優業から引退を宣言している。

また露口家に近い者の話として、
オファーは多数有ったが、

復帰をしてまで演じたい役がなかった事も記されてた。

 

引用元 – 露口茂(Wikipedia)

 

ということで
事実上俳優からは引退している。

 

なので、

もし露口さんに猫の恩返しのバロンの声優として
オファーがあったとしても、

 

露口さんが

「またバロンを演じてみたい」

と思わない限りは
多分別の人になってたんだろうと思うけど。

 

 

耳をすませばのバロンの声優まとめ

耳をすませばのバロンの声優は以上。

 

耳をすませばと猫の恩返しで
バロンの声優は違っているけど、

 

同じバロンと言えど作品で印象も違うので

作品ごとで声優が違うのも
割と納得がいくことのようにも思える。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ