仮面ライダーゼロワン 38話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2020年7月12日放送の

 

 

仮面ライダーゼロワン 38話

ボクは1000%キミの友だち

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダーゼロワン 37話はこちら↓

仮面ライダーゼロワン 37話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダーゼロワン 38話のあらすじは?

仮面ライダーゼロワン 38話のあらすじは
東映の公式サイトによるとこのような感じ。

 

 

福添副社長らの告発により、

社内で重ねてきた悪事の証拠データを
突き付けられた天津垓。

ところが、

その証拠を一気に握りつぶしに
かかるという暴挙に出る。

福添から応援を頼まれた或人は、
垓の元に駆けつけるのだが、

垓は一向に態度を改める様子を示さない。

一方、

仮面ライダーとなった
アークは次の作戦へと舵をきっていた。

アークが現れたのは
飛電インテリジェンスの宇宙開発センター。

一体、アークは何をしようとしているのか―――!?

 

引用元 – 2020.07.12 ON AIR ボクは1000%キミの友だち

 

 

ここにきて天津社長が
悪事のデータを突き付けられるようだけど

もうちょっと早くやっておくべきなんじゃないかと思うし、

 

力づくで握りつぶそうとする天津社長も
往生際が悪いというか。

 

そしてアークの方も
また動き始めているようだけど

衛星ゼアを乗っ取ろうとしている模様。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダーゼロワン 38話 感想 まとめ

Twitter上のゼロワン 38話の
感想等をいくつか集めてみた。

 

 

社員がいてこその会社

 

 

ゼロワンの35年前は現実と違う模様。

 

 

変身後の名前にまでするかな

 

 

 

ちなみに大怪獣バトルではダイルを演じてる。

 

 

 

アイちゃんがこんな便利キャラになるとは

 

 

これが次回につながる模様

 

 

 

序盤の言動とか考えるとまぁ・・・

 

 

バイクは時代の都合であまり乗れないから

 

 

 

飛電の技術どうなってるんだ

 

 

仲間になる展開はもしかしたら
あるかもしれないと思ってたけど

いざやられてみるとね。

 

 

仮面ライダーゼロワン 38話の感想をさらに

そしてさらに

仮面ライダーゼロワンの感想について
さらにまとめてみると、

 

 

ゼロワンが久しぶりに
バイクに乗ってアクションをする模様。

 

ゼロワンがバイクに乗るのなんて
いつ以来だろうと思うし、

 

ニコニコで今配信してる
仮面ライダー剣では割とバイク乗ってるのに

 

ゼロワンどころか平成2期の後半から
バイクは数回しか乗らない作品が多いから

色々と事情があるんだろうなと思ってしまう。

 

(ちなみに仮面ライダーとバイクはこちらも↓

仮面ライダーがバイクに乗らないのは何故?)

 

そしてゼロワンの38話では

 

 

aiboが

人工知能搭載の犬型ロボット“さうざー”

として登場するようだけど、

 

仮面ライダーサウザーの名前の由来が

1000じゃなくて犬型ロボットから来ているのかと
思うところがあるし、

 

この犬型ロボットのさうざーが

ヒューマギアを排除しようとする
天津社長の言動と関わってくるのかも。

 

そして38話で

ゼロワンとサウザーが
遂に共闘をするようだけども、

 

これまでの天津社長の所業を考えると

流石にこのまま味方になるというのは
正直どうなのだろうと思うし、

 

飛電だけじゃなくてザイアの社長からも失脚して
しばらく放浪するとかしないと

流石に受け入れがたいんじゃないかと思うけど。

 

サウザーが仲間になるかについてはこちらも↓

仮面ライダーサウザーは仲間になるのか【ゼロワン】

 

 


仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダーサウザー

 

仮面ライダーゼロワン 38話の感想 あらすじまとめ

仮面ライダーゼロワン 38話の
感想やあらすじについては以上だけど。

 

ここから同話が転がるのか
ラストに向けて注目したいところ。

 

仮面ライダーゼロワン 39話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダーゼロワン 39話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ