仮面ライダーゼロワン 39話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2020年7月7月19日放送の

 

 

仮面ライダーゼロワン 39話

ソノ結論、予測不能

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダーゼロワン 38話の感想等はこちら↓

仮面ライダーゼロワン 38話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダーゼロワン 39話のあらすじは?

仮面ライダーゼロワン 39話のあらすじは
東映の公式サイトのものだとこのような感じ。

 

幼少期の自分を支えていたのが
飛電の人工知能だったことを思い出した垓は、

飛電インテリジェンスを
愛していることを或人に告白する。

共にアーク打倒に向けて協力することを約束するが、

或人ばかりでなく諌や唯阿も簡単には
垓のことを許すことができない。

一方、

ゼロワンとサウザーの予想外の共闘に
作戦を変更したアークだったが、

雷(いかづち)の脳裏には

飛電インテリジェンスのヒューマギアとして
生きたときの思い出が去来し始める。

異変を来す雷はやがて、予想外の行動をとって―――。

 

引用元 – 2020.07.19 ON AIR ソノ結論、予測不能

 

39話ではアークが

衛星ゼアを乗っ取るために
次の計画を進めるのと同時に、

 

雷にもロケットを見たことにより
変化が訪れる模様。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダーゼロワン 39話の感想 まとめ

仮面ライダーゼロワン 39話の
Twitter上での感想等をざっくりまとめてみた。

 

 

悪意をラーニングされてもお約束は守る

 

 

 

謝罪するにしてもなんかちょっと偉そう

 

 

 

でもこれからも使い続けそう。

 

 

 

こんな姿を見せるなんて思いもよらなかったよ。

 

 

 

この2人もすっかりいいコンビに

 

 

今更言われても困惑するだろうし。

 

 

 

 

雷は利用するもの。

 

 

 

 

来週ゼロツーが出るよ!

 

 

仮面ライダーゼロワン 39話の感想をさらに

 

仮面ライダーゼロワン 38話で
遂に共闘することになる

ゼロワンとサウザーが

 

39話で本格的に
共闘してアークゼロと戦う模様。

 

そして

天津は或人だけでなく
不破や唯阿にも謝罪するけど、

 

これまでやってきたことを考えると
そう簡単に許してもらえないだろうし、

 

不破や唯阿だけでなく
或人も完全に許すわけではないのは

少し安心するかも。

 

雷が飛電製作所にいるし迅と或人と共に
歩いている場面があるから

 

ロケットを見たことでの
飛電時代のことを思い出したことで

仲間になるという感じかもしれないけど、

 

アークがゼアを乗っ取るための
計画を進めてることを考えると、

 

もしかしたら雷の言動は
アークにとって予測できていたことで

計画に入れているのかもしれない

 

というか普通に
利用される形の行動だった。

 

さらに予告や画像では

ゼロワンがやられてる上に
アークゼロがゼロワンドライバーを持ってるけど

 

ゼロツーとゼロツードライバーが
新たに登場する事を考えると

破壊されてしまうのか気になるところだったけど、

 

とりあえず破壊されずに済んだし、

ゼロワンドライバーが破壊されたから
今後客演するときはゼロツー

なんてならずに済みそう。

 


変身ベルトDX飛電ゼロワンドライバー&ゼロツープログライズキー&ゼロツードライバーユニット「仮面ライダーゼロワン」

 

仮面ライダーゼロワン 39話の感想 あらすじ まとめ

仮面ライダーゼロワンの39話について
感想等をまとめてみたけども、

 

そろそろ仮面ライダーゼロツー登場で
どう動いていくのか気になるところ。

 

仮面ライダーゼロワン 40話についてはこちら↓

仮面ライダーゼロワン 40話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ