時をかける少女の絵にはどんな意味が?

LINEで送る
Pocket

時をかける少女の劇中で

 

 

千昭は絵を見に来た

という事が語られていたけども、

 

時をかける少女のあの絵には
どのような意味が込められているのか?

スポンサードリンク

 

 

時をかける少女の絵にはどんな意味があるの?

時をかける少女のあの絵には
どのような意味が存在してるかは

時をかける少女においてはあの絵について

 

この絵が描かれたのは
何百年も前の歴史的な大戦争と飢饉の時代

と言われていて、

 

まさに

世界が終わろうとしていた時

に描かれた絵だったという事。

 

にもかかわらず

絵には女性の顔が描かれていて
優しさと希望に満ちていた。

 

なので時をかける少女で

世界が終わろうとしてた時
どうしてこんな絵が描けたのか

と言われていた。

 

時をかける少女のあの絵については
様々な解釈がなされていたけども、

 

1つの解釈としては

生命の誕生

というものがテーマになってるのでは
と考えられている。

 

女性の顔が絵に描かれてたのを考えると

子供を授かった女性

という風にも考えられるし、

 

世界が終ろうとしてる苦しい時代でも

子供を授かった、子供がいた幸福感

というものがあったのかもしれないし、

 

だからこそあの絵には

大戦争と飢饉で苦しい時代にかかわらず
優しさと希望に満ちていたのかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

時をかける少女の絵を千昭が見に行った理由は?

時をかける少女の劇中では

あの絵を見るために千昭が未来から来た

という事が語られていたし、

 

あの絵は千昭の未来では
もう残っていない絵だとされていた。

 

にもかかわらず

なぜ千昭は絵を見るために
未来から時を越えてやってきたのだろうか?

 

まず時をかける少女にあった絵は

元々未来に存在していた絵だった

という説が存在している。

 

つまり、
あの絵が元々未来にあったからこそ

 

地面を流れているのを初めて見た

自転車に初めて乗った

空がこんなに広いことを初めて知った

こんなに人がたくさんいるところを初めて見た

 

と千昭が語ってるように

の絵と似たような状況の未来でも
記録に残されていたのかもしれない。

 

そして、

この絵が描かれた何百年も前の
歴史的な大戦争と飢饉の時代

というのは

 

現代の何百年も前ではなく

千昭の時代から何百年も前

という意味があるのかもしれない。

 

そして、

そんな未来で描かれた絵が
なぜ現代に存在してるのかという理由は

 

旧作「時をかける少女」に登場した

西暦2660年の未来からやってきた
芳山和子の同級生の深町一夫

が持ち込んだのではないかと言われてる。

 

深町一夫のいた未来では
ラベンダーが採取できない状態らしいし

 

もしかしたら

大戦争と飢饉の時代の真っただ中か
その後の時代だった可能性もあるし。

 

そして千昭のいる未来は前述の通り
あの絵と同じような状況なのは考えられるので

 

大戦争と飢饉の時代で
世界が終わるかもしれない時にも関わらず

 

描かれた絵は
あたたかく優しい絵だったので、

 

もしかしたら千昭は

苦しい時代でどのようにして
人間の温かい心を持つ事が出来たのか?

を知りたかったのかもしれないし、

 

世界が終わろうとしていた時に描かれた
優しい絵を見ることで

自分の未来に対して希望を持とうとした

のかもしれない。

 

 

時をかける少女のその他記事

time waits for no oneの意味↓

time waits for no oneの意味は?

 

千昭の未来で待ってる↓

千昭の未来で待ってるの意味は何なの?

 

おばさんは何者か↓

時をかける少女のおばさんは何者なの?

 

時をかける少女のその後↓

時をかける少女のその後はどうなるのか?

 

真琴の声優↓

時をかける少女の真琴の声優は?

 

千昭の声優↓

千昭の声優ってだれなの?

 

こうすけについて↓

時をかける少女のこうすけは片思いしてる?

 

 

時をかける少女の絵の意味はまとめ

時をかける少女にある絵については以上。

 

時をかける少女の作中には
色々と考えさせられる要素があるので

見ながらや見直すなどして
考察してみると面白いかもしれない。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ