千昭の未来で待ってるの意味は何なの?

LINEで送る
Pocket

時をかける少女の最後の方で千昭が

 

 

未来で待ってる

と言っていたけども、

 

千昭の未来で待ってるという台詞には
どのような意味があったのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

千昭の未来で待ってるの意味は?

時をかける少女の真琴と別れるシーンで千昭は

未来で待ってる

と言っていたけども、

 

真琴はタイムリープを使う事が
もう出来なくなってしまっているし、

千昭のいた時代は

 

川が地面を流れてない

自転車が存在してない(もしくは希少)

野球がない

人が現在よりも多くない

 

といった事から
遥か未来の時代だと推測される。

 

にもかかわらず

なぜ千昭は未来で待ってると
真琴に対して言ったのかという点については、

 

真琴が千昭のいる未来まで絵を残す

という解釈がされている。

 

元々千昭が真琴のいる時代に来たのは

千昭のいる時代には存在してない絵を
見に来るためだったわけで、

 

そんな千昭がタイムリープして見に来た絵を
未来に残す事を真琴は誓っていた。

 

なので、

真琴があの絵を未来に残して
千昭の時代でも絵を見る事が出来れば

 

千昭と真琴が未来で再会できた

という風に解釈できるかと思う。

 

だからこそ、
未来に絵を残すという約束で

千昭「未来で待ってる」

真琴「うん、すぐ行く。走っていく」

と解釈がされている。

 

スポンサードリンク

 

千昭の未来で待ってるの意味はもう1つ

千昭が最後に言った

未来で待ってる

という言葉の意味については他にも

 

愛の告白

という解釈もされている。

 

千昭が未来に帰ってしまえば
真琴とはもう会う事が出来ないけども、

 

再び千昭に会える未来を信じている
真琴の気持ちを尊重することで

 

「愛している」

と直接言う事が出来なくても、

 

「未来で待ってる」

という形で表現をぼかして
次に繋げられるようにしたのかもしれない。

 

だからこそあえて
キスをしなかったのかもしれない。

 

 

千昭が未来に帰るのに付き合おうといったか

千昭が真琴と自転車に乗ってるの気に

「付き合おう」

と言っていたけども

 

どのみち千昭は未来に帰らないといけないのに
なぜ「付き合おう」といったのかについては

 

真琴に対して千昭が

「未来へ帰らなきゃいけなかったのに
いつの間にか夏になった」

と言っていた事を考えると、

 

本来だったら未来へ帰らないといけないのに
真琴達と楽しく過ごしてるうちに夏になった

というのが伺える。

 

そして真琴に付き合おうと千昭が言ったときは

功介に彼女ができるかどうかについて
話している場面だったし、

 

功介に先に彼女が出来たという事で
悔しい気持ちが存在していた事から

以前から好意を持ってた真琴に対して
自然に声が出てしまったのかもしれない。

 

 

時をかける少女の関連記事

time waits for no oneの意味↓

time waits for no oneの意味は?

 

絵の意味↓

時をかける少女の絵にはどんな意味が?

 

おばさんは何者↓

時をかける少女のおばさんは何者なの?

 

時をかける少女のその後↓

時をかける少女のその後はどうなるのか?

 

真琴の声優↓

時をかける少女の真琴の声優は?

 

千昭の声優↓

千昭の声優ってだれなの?

 

こうすけについて↓

時をかける少女のこうすけは片思いしてる?

 

時をかける少女の声優↓

時をかける少女の声優は下手 一覧はどうなってる?

 

 

千昭の未来で待っているの意味まとめ

千昭の未来で待っているの意味については
以上となっているけども、

 

答えについては正確に出てないので

どのように千昭の台詞を解釈するかは
人によるのではないかと思ってみる。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ