マーゲイはこんな猫 飼育されてる動物園は日本には?

LINEで送る
Pocket

けものフレンズの8話にて

マーゲイ

が登場することになってるけど、

 

マーゲイは猫科の動物っぽいけど
イマイチなじみがない動物なので、

 

マーゲイはどんな猫なのか?

についてまとめてみた。

スポンサードリンク

 

 

マーゲイってどんな猫なの?

けものフレンズだと

メガネをかけたアイドルオタクな
外見となっているマーゲイだけど

 

実際のマーゲイは
こんな外見をしているのである

 

 

あらかわいい

 

もっとジャガーとかヒョウみたいな外見をした
猫科の動物かと思っていたので、

猫っぽい外見をしているのには
結構驚きを感じる。

 

けものフレンズだと
メガネをかけた外見をしているけど、

このくりくりとした目が
メガネっぽく感じたのかなと思ってしまう。

 

ちなみにマーゲイの大きさは

体長46.3-79 cm

という事であり、

 

イエネコよりちょっと大きいくらいの
動物となっている。

 

スポンサードリンク

 

マーゲイにはどんな能力があるのか

そんなマーゲイは猫科の動物として
どんな能力があるのかというと、

 

ネコ科の動物の中では飛び抜けて木登りが上手い。
その能力からツリーオセロット (tree ocelot) と呼ばれることがある

オセロットが普通地上で獲物を追いかけるのに対して、
マーゲイは専ら樹上で生活し、狩りも樹上で行う[2]。

 

引用元 – マーゲイ(Wikipedia)

 

という事であり、

 

つまりマーゲイは
木登りが得意なフレンズなんだね!すごーい

 

けものフレンズの次回予告画像でも
木に登っている姿が確認できているので、

マーゲイは木登りが得意だという特徴は
抑えてきているものと思われる。

 

そしてさらに
マーゲイの特技としては

 

獲物となる動物の一種を引き寄せるために、
その鳴き声をまねすることが報告されている。

南米に生息するオマキザル科の一種である
フタイロタマリンの成獣グループが近くにいた時、

マーゲイがその子供の声真似をするところが見つかったのである。

その時のマーゲイはフタイロタマリンの捕獲に成功しなかったが、
この報告は新熱帯区の捕食動物が
狩りにある種の攻撃擬態を用いることを初めて示した[6][7]。

 

引用元 – マーゲイ(Wikipedia)

 

という事であり、

 

マーゲイは他の動物の鳴き声を
マネすることが出来るフレンズなんだね!すごーい

という事だ。

 

他の動物の鳴き声を真似するという事は

けものフレンズでのマーゲイももしかしたら
他のフレンズの声を真似たりなんてするかもしれない

 

 

マーゲイを飼育してる日本の動物園はあるの?

そんなマーゲイを飼育してる動物園は
日本に存在するか調べてみたけど、

 

インターネットで調べたところだと

マーゲイを飼育している動物園は
現時点では日本に存在しない

みたいである。

 

マーゲイ自体が1度に1匹しか生まれない等
なかなか増えにくい動物であるし、

現在は個体数が減っていて
絶滅が危惧されている動物でもあるから、

 

日本の動物園で飼育するのは
なかなか難しいのかもしれないけども。

 

そして、
マーゲイが登場する話は

下記の記事で紹介してる配信サービス
でも後で配信される↓

 

≪けものフレンズ見放題の動画配信サービス一覧≫

 

なので、

後から見放題サービスで
けものフレンズを見直してみるといいかもしれない。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ