トトロのお父さんの声優はいったい誰なのか?

LINEで送る
Pocket

トトロのお父さんといえば

 

 

棒読みな感じの声が特徴だけど、

 

そんなトトロのお父さんの声優は
いったい誰なのか?

スポンサードリンク

 

 

トトロのお父さんの声優は誰なのか?

トトロのお父さんの声優は誰かといえば

糸井重里さん

 

糸井重里さんは

日本のコピーライター、エッセイスト、タレント
として活動をしていて、

 

タレントとしてテレビ出演はあるけど
声優どころか役者としての出演自体がそこまで多くない。

 

そして、

糸井重里さんはトトロにお父さんの声優として
出演をしているだけではなく

 

このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。

というキャッチコピーも書いている。

 

トトロの他にもジブリ作品の
キャッチコピーをいくつか書いていて

 

「4歳と14歳で、生きようと思った」 – 映画『火垂るの墓』

「忘れものを、届けに来ました。」 – 映画『となりのトトロ/火垂るの墓』

「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」 – 映画『魔女の宅急便』

「私はワタシと旅にでる。」 – 映画『おもひでぽろぽろ』

「カッコイイとは、こういうことさ。」 – 映画『紅の豚』

「タヌキだってがんばってるんだよォ」 – 映画『平成狸合戦ぽんぽこ』

「好きなひとが、できました。」 – 映画『耳をすませば』

「生きろ。」 – 映画『もののけ姫』

「家内安全は、世界の願い。」 – 映画『ホーホケキョ となりの山田くん』

「トンネルのむこうは、不思議の町でした。」 – 映画『千と千尋の神隠し』

「猫になっても、いいんじゃないッ?」 – 映画『猫の恩返し』

「ふたりが暮らした。」 – 映画『ハウルの動く城』

「見えぬものこそ。」 – 映画 『ゲド戦記』

 

引用元 – 糸井 重里

 

 

といった感じになってる。

 

スポンサードリンク

 

トトロのお父さんの声優が本業じゃないのは?

トトロくらいの時期だとジブリも
プロの声優を起用していたのだけど、

 

にもかかわらずなぜトトロのお父さんの声優は
プロの声優ではないコピーライターの

糸井重里さんが担当することになったのかといえば

 

元々はトトロのお父さんにも
プロの声優を起用する予定だったけど、

 

トトロのお父さんは

子供と友達でいられるお父さんで
いわゆるお父さん的なイメージとは違うとのことだった。

 

なので、

プロの声優の演技だと全体的に暖かくて
子どものことを全面的に理解している父親になりすぎる

とのこと。

 

だから

トトロのお父さんは
声優以外のところから連れてくることになり、

 

宮崎駿監督が

糸井重里さんがいい

ということで決まったということ。

 

トトロでもお父さんは仕事の研究に没頭して
家のことはやっていなかったし、

 

そういう意味で

父親としての威厳がないお父さんというのが
トトロのお父さんに求められてたのだろうし、

 

糸井重里さんの声というのは

お父さんであってお父さんではない
トトロのお父さんに合っていたと言えるかと思う。

 

 

トトロの関連記事

さつきの声優↓

さつきの声優は トトロ以外で何と?

 

メイの声優↓

メイの声優は トトロ以外でもなんと?

 

サンダルについて↓

トトロのサンダルは誰のものだったのか?

 

お母さんの病気について↓

トトロのお母さんの病気ってなんだろうか?

 

まっくろくろすけの正体↓

まっくろくろすけの正体はなんなのか?

 

トトロの正体↓

トトロの正体はなんだったのだろうか?

 

トトロともののけ姫の関係↓

トトロはもののけ姫のコダマが進化した存在だった?

 

 

トトロのお父さんの声優まとめ

トトロのお父さんの声優については以上。

 

プロの声優の演技ではなく
それ以外の人の声を求めていたということで

ジブリが現在では芸能人メインで
声のキャスティングをしてる起点となってると感じる。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ