オーブカリバーがマガオロチの尻尾から出たのはなぜ?

LINEで送る
Pocket

今週のウルトラマンオーブにて

オーブオリジンのアイテムであるオーブカリバー
マガオロチの尻尾から登場したけど、

 

そもそもなぜオーブカリバーが
マガオロチの尻尾の中に入っていたのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

オーブカリバーがマガオロチの尻尾にあった理由とは?

オーブカリバーが
マガオロチの尻尾から出てきたのには

 

日本神話にある
ヤマタノオロチの尻尾から草薙の剣が出てきた

ということからとられてると思われる

 

(マガオロチもヤマタノオロチを
意識した怪獣であるのは間違いないし)

 

しかしなぜ、

オーブカリバーが
マガオロチの尻尾から出ることになったのか?

 

それについては現段階では
まだ憶測の域を出ていないのだけど、

 

オーブカリバーつまりオリジンの力が失われたのは
マガゼットンとの一件からだと思われる。

 

そしてオーブ第1話冒頭で
オーブオリジンがマガゼットンと対峙した時、

オーブカリバーが
マガゼットンへと吸収されてると思われる描写があった。

 

そしてマガゼットンの中にオーブカリバーが入ったまま
カード化することになったのかもしれない。

 

そしてマガオロチの封印を解く際に

マガゼットンのカードも
他の魔王獣のカードと共に使われてたので、

 

もしかしたらマガオロチが目覚めるときに

マガゼットンの中に入ってたオーブカリバーが
マガオロチの尻尾に入ったのかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

オーブカリバーがマガオロチの尻尾にあった他の理由は?

オーブカリバーが
マガオロチの尻尾に入ってた理由で

他に考えうるものとしては

 

ジャグラーがこっそり回収していた

という説。

 

ジャグラーはオーブの過去について
知ってるそぶりをこれまで見せていたし、

マガゼットンのカードを持っていたあたり
100年前のルサールカにいたのかもしれない。

 

なので、

オーブオリジンがオーブカリバーを手放した時
後でこっそりと回収してた可能性も否定できない。

 

またジャグラーは
オーブリングの対となるアイテムである

ダークリング

を所有していたわけだが、

 

児童書によると

ダークリングはジャグラーが
オーブリングを元に作ったアイテムである

ということなのである。

 

これを踏まえると

ダークリングを作成するのに
オーブカリバーが使われていた

ということも考えられる。

 

オーブの力の一端である
オーブリングの力を再現する為に

オーブの力の1つである
オーブカリバーを解析したと考えると

なんとなく納得がいくように感じる。

 

実際、

オリジンの力(オーブカリバー)を取り戻して
ゼッパンドンが敗れた後、

 

ダークリングが消滅してたあたり
オーブカリバーとの関連性も否定できない。

 

 

オーブカリバーがマガオロチの尻尾から出てきたのは?まとめ

オーブカリバーが
マガオロチの尻尾から出てきた理由は

以上の憶測が存在するけど、

 

現在のところはまだ憶測であり
本当のところはどうなのかまだわかっていない。

 

もしかしたらマガオロチの尻尾から
オーブカリバーが出たのは今後の複線で

後々説明されるのかもしれないが。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ