仮面ライダー セイバー 44話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2021年8月1日放送の

 

 

仮面ライダー セイバー 44話

開く、最後のページ。

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダー セイバー 特別章の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 特別章の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー セイバー 44話のあらすじは?

仮面ライダー セイバー 44話

開く、最後のページ。

のあらすじは東映の公式だとこんな感じ。

 

ストリウスがマスターロゴス、
レジエル、ズオス、タッセル、

そして自らの本の力を
カリュブディスに喰わせ融合させた。

そして、新たに生まれた謎の本。
そのページが遂に開かれる。

タッセル亡き後、

崩壊を始めたワンダーワールドは
飛羽真たちが一時的に

楔を放ち侵食を留めていたが、

ストリウスの新たな力により
その楔は外れ再び侵食が始まる。

さらに、地下の墓所からある者たちを復活させる。

それはかつて剣士たちの剣技を生み出し、

マスターロゴスとともに
ソードオブロゴスを治めた四賢神だった。

ストリウスと四賢神、

そして剣士たちの
世界存亡をかけた最終決戦が始まる――。

 

引用元 – 第44章「開く、最後のページ。」

 

ストリウスが
仮面ライダーストリウスへと変身したり、

いよいよ最終決戦が始まるから
剣士達が集結する回。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー セイバー 44話のあらすじからの予想等

そして

仮面ライダー セイバー 44話のあらすじから
展開などの予想もしてみた。

 

 

ストリウスは

仮面ライダー ストリウス

への変身を遂げるけど、

 

8月に突入して
最終回まであと少しだから

これで変身は終わりなのか?

 

それともまだ更なる形態を
隠しているのだろうか?

 

唐突に名前が出てきて
既にマスターロゴスに処分されてた

四賢神

がここに来て敵として出てくるようだけど

 

四賢神が変身してるっぽい怪人は
ゼロワンのバトルレイダーの改造みたい。

 

仮面ライダーストリウスも
体がカッシーンの流用で

終盤に来て流用が目立つけど、

 

色が違うだけで
だいぶ印象が変わるものだと思ったり。

 

剣士達が集うところに蓮の姿があり
無銘剣を持ってる画像もあったけど、

 

これからは無銘剣を二刀流で
使うようになるのか気になるし、

 

デザストのオールアップ報告がないから
まだ何か無銘剣にはありそうな気がする。

 


DX刃王剣クロスセイバー

 

仮面ライダー セイバー 44話の感想まとめ

仮面ライダー セイバー 44話の感想等を
Twitter上からざっくりとまとめてみた。

 

 

 

ラスボス登場に決戦前夜

 

 

 

英語だからなんかオサレ

 

 

この禍々しさがラスボス感ある

 

 

;

 

 

 

あの四賢神は全盛期以上で生前は置いていたらしいけど
それでもマスターロゴスの強さの裏付けになってる

 

 

 

終盤での過去のゲスト出演いいね

 

 

ならワンダーワールド崩壊するオチはなさそう

 

 

 

前回とのギャップがすごいなこうしてみると

 

 

 

 

いきなり寸劇とかされても困惑するからね

 

 

 

倫太郎も結婚するのかな?

 

 

 

デザストが意味のある存在になるの熱い

 

 

 

 

こうしてみると結構普通の家庭

 

 

 

戦記のあの状況は結構謎

 

 

今回の最終決戦前のフラグの数々は約束も意味していたと

 

 

最終決戦の場所が意外過ぎる

 

 

仮面ライダー セイバー 44話の感想 あらすじ まとめ

仮面ライダー セイバー 44話の感想 あらすじは以上。

 

いよいよ最終決戦でセイバーも
残り数話とちょっと寂しいと思ったり。

 

仮面ライダー セイバー 45話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 45話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ