ウルトラマントリガー 1話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2021年7月10日放送の

 

 

ウルトラマントリガー 1話

光を繋ぐもの

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

スポンサードリンク

 

 

ウルトラマン トリガー 1話のあらすじは?

ウルトラマン トリガー 1話

光を繋ぐもの

のあらすじはあにてれ公式だとこんな感じ。

 

火星で暮らす青年・マナカ ケンゴ。

平和な日々を送っていた彼の前に、
突然怪獣ゴルバーが現れ街は大混乱に!

 そんな中、火星の地下深くで眠る
巨大な石像と運命的な出会いを果たす。

ケンゴが超古代の光と一つになった時、
彼の運命が激しく動き出す!

 

引用元 – 第1話「光を繋ぐもの」

 

マナカ ケンゴがウルトラマン トリガーと
一体化する第1話という内容。

 

スポンサードリンク

 

ウルトラマン トリガー 1話のあらすじからの予想等

ウルトラマン トリガー 1話のあらすじから
展開の予想などをしてみると

 

 

ウルトラマン トリガーと
ケンゴが一体化する前に

 

ウルトラマンティガにも登場していた

ユザレ

が目の前に現れるけど、

 

トリガーと一体化できることから

ケンゴは超古代人の遺伝子を
受け継いでるということなのか?

 

そしてウルトラマン トリガーのユザレは

シズマ ユナを演じる豊田ルナさんが
2役演じているけども、

 

ティガのイルマ隊長が
ユザレの子孫だったのを考えると、

 

トリガーのユザレもユナの先祖

ということなのかもしれないし、

 

シズマ ミツクニもユザレの子孫だから
ケンゴに協力的なのかもしれない。

 

(シズマ ミツクニの正体はこちらも↓

シズマ ミツクニの正体はウルトラマン トリガーでは 予想も)

 

そして1話ではいきなり
カルミラも登場となったけど

 

ダーゴンとヒュドラムはまだ
登場しなさそうで

この2体はカルミラとは別の場所で封印されてるのか?

 


ウルトラアクションフィギュア ウルトラマントリガー マルチタイプ

 

ウルトラマン トリガー 1話の感想まとめ

ウルトラマン トリガー 1話の感想等を
Twitter上からざっくりとまとめてみた。

 

 

 

 

 

もしかしてあの花がラスボスになるフラグ?

 

 

タイトルコールまでしてくれるリスペクトぶり

 

 

 

トリガーもかつては闇の巨人だった時がある?

 

 

 

だとすればミツクニ会長もユザレの子孫?

 

 

 

女なだけあってジャグラーやトレギアより重そう

 

 

 

後になってファイブキングに強化されたりして

 

 

 

ティガで夜の市街地と言えばまさか・・・

 

 

ケンゴ自身にも何か秘密があるのだろうか?

 

 

 

1話から気合の入りようがすごい

 

 

 

あとで洗うのがとても大変そう

 

 

 

トリガーとティガの技名が一緒な理由は果たして?

 

 

 

この時代に人形爆破がまた見られるようになるなんて

 

 

ウルトラマン トリガー 1話の感想 あらすじ まとめ

ウルトラマン トリガー 1話の
感想やあらすじについては以上。

 

いよいよ始まった新ウルトラマンだけに
今後どうなるか注目したい。

 

ウルトラマン トリガー 2話の感想 あらすじはこちら↓

ウルトラマン トリガー 2話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ