仮面ライダー セイバー 18話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2021年1月17日放送の

 

 

仮面ライダー セイバー 18話

炎の執念、メギドを討つ。

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダー セイバー 17話の感想 あらすじ等はこちら↓

仮面ライダー セイバー 17話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー セイバー 18話のあらすじは?

2021年1月17日放送の
仮面ライダー セイバー 18話

炎の執念、メギドを討つ。

のあらすじは東映公式によるとこんな感じ。

 

飛羽真はメギドになって
しまったゆきを助ける術がなく、

メギドを斬ろうとするユーリの剣から
体をはって守ることしかできなかった。

そんな飛羽真にユーリはかつての本をめぐる戦い、
自らが剣になった理由を語る。

そして、飛羽真に覚悟を問う。

早くしなければゆきが完全に
メギドになってしまう。

答えを見つけられずに焦る飛羽真の前に、
倫太郎と大秦寺が現れる。

話し合いに来た2人だったが、
そこにメギドが現れる。

すぐさま変身してメギドを
倒そうとする倫太郎。

飛羽真もセイバーに変身するが・・・。

 

引用元 – 第18章 炎の執念、メギドを討つ。

 

ユーリが剣になった理由について
明らかになったり、

 

メギドになってしまった人間を助けるために
色々と悩む話という感じ。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー セイバー 18話の感想まとめ

仮面ライダー セイバー 18話の感想等を
Twitter上からざっくりとまとめてみた。

 

 

タッセルは本当に何者なんだろう?

 

 

 

 

話を聞かなくなってしまうくらい
倫太郎にとってソードオブロゴスは心の支えなんだろうと

 

 

 

この混乱が平成から続く仮面ライダーのだいご味?

 

 

 

 

予算の都合もあるだろうから

 

 

一石二鳥ってやつ?

 

 

 

昔は斬れば分離できるのが当たり前だったのだろうか?

 

 

しかも剣の姿で

 

 

仮面ライダー セイバー 18話の感想をさらにまとめる

仮面ライダー セイバー 18話の感想を
さらにまとめてみると、

 

 

ユーリは自分が剣になった理由を話す模様だけど
元々は剣ではなくて人間だとしても

 

光剛剣最光は闇の剣・闇黒剣月闇と
対になってる剣だと言われてるし、

 

ユーリ自身が光剛剣最光に変化したのか

それとも光剛剣最光と一体化したか
気になるところだったけど、

ユーリが光剛剣最光に一体化した模様。

 

そうなると

ユーリにも剣士としての本来の姿が
存在したと思われるけど、

 

今後その姿が
登場することはあるのだろうか?

 

そして

倫太郎と大秦寺が飛羽真と
話し合おうとしているようだし、

 

まだまだ飛羽真のことを
信じようとする気持ちはあるんだろうけど

 

今回も誤解によって
混乱を招くことになってしまってたし、

再び共闘するようになるのは
まだ時間がかかるかもしれない。

 

そして、

メギドになってしまった人間を
どうするのか悩むようだけど、

 

おそらく最光の力で
元に戻すことができるのだろうと思ってたけど

 

それができることを話すのが
メギドを倒した後なところが

話すの遅いと思っていたし、

 

もっと早くそのことを言ってれば
飛羽真も悩まずに済んだかもしれないのに。

 

それにしても

最光は仮面ライダーでもあり
剣というポジションだけども、

 

時期的に考えて

主役ライダーの強化形態が使う
武器枠でもあるだろうし、

 

もし最光に強化フォームがあってもなくても

セイバーの最終形態まで
剣として使われるのかもしれない。

 

セイバーが火炎剣烈火と光剛剣最光を
二刀流にしてる姿も様になるし。

 


【おもちゃタイムセール】変身ベルト DX光剛剣最光&聖剣サイコウドライバー 「仮面ライダーセイバー/聖刃」

 

仮面ライダー セイバー 18話の感想 あらすじ まとめ

仮面ライダー セイバー 18話の感想やあらすじは以上。

 

大きな動きを年明けから見せているけど

ソードオブロゴスもメギドも
今後どう動くのか注目したい。

 

仮面ライダー セイバー 19話の感想 あらすじ等はこちら↓

仮面ライダー セイバー 19話の感想 あらすじまとめ

 

仮面ライダー セイバーの見逃し 配信はこちら↓

仮面ライダー セイバーの見逃し 配信は?

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ