フリーザの戦闘力が53万とは 最終形態だといくら?

LINEで送る
Pocket

ドラゴンボールのフリーザといえば

 

 

私の戦闘力は53万です

というセリフが有名だけども、

 

フリーザの戦闘力が53万というのは
どの形態の時の数値なのか?

スポンサードリンク

 

 

フリーザの戦闘力が53万とはどの形態の?

フリーザの戦闘力が53万というのは

最初の第1形態での数値

となっている。

 

フリーザの戦闘力が53万だといったシーンは
ネイルとの戦闘前のところで

 

スカウターでネイルの戦闘力が
42000まで上がったのを確認した後に

参考程度に自分の戦闘力を教えるというシーン。

 

そしてその後
フリーザが第2形態に変身したとき

100万以上は確実か

と言っていたため、

 

53万というフリーザの戦闘力は
第1形態のものだと判断することができる。

 

それまで、

ドラゴンボールでも
戦闘力が測られていたけど、

 

その時点ではフリーザ以外の強いキャラが
数万~十数万くらいの戦闘力だったのに対し、

 

それに対して自己申告したフリーザの戦闘力が

53万

というのは当時の読者にとって衝撃的な数値だっただろうし、

 

それよりも前の段階で
フリーザが変身する宇宙人なことが判明してるので、

 

変身する前で53万

というのは絶望を感じたのではないかと思う。

 

スポンサードリンク

 

フリーザの戦闘力53万はどうやって測った?

そして、

フリーザの戦闘力が53万というのは
自己申告によるものだけども、

 

フリーザと第1形態のベジータが
戦闘を行っている際に、

 

フリーザはギニューからもらった
新型のスカウターを装備してるにも関わらず

ベジータの戦闘力を測ってる最中に
爆発を起こしてしまっていた。

 

そして、

軽く手合わせた印象だと
ベジータの戦闘力は53万以上には見えないため、

 

フリーザの戦闘力はどうやって測ったのか

という疑問も生まれている。

 

第2形態の戦闘力を

100万以上

と曖昧に言っているのに対して、

 

第1形態の戦闘力を

53万

と明確に言ってるのを考えると

 

第1形態の53万くらいまでは
測定できる機械がほかに存在していて、

スカウターはその小型版なのかもしれない。

 

 

フリーザの戦闘力は最終形態だと?

そしてフリーザといえば

 

 

最終形態

も印象的となっているけど、

 

フリーザの最終形態の戦闘力は

ドラゴンボール大全集

等のガイドブックの情報によると

 

最終形態の通常時で戦闘力360万~6000万

最終形態のフルパワーで戦闘力 1億2000万

 

と言われている。

 

こうしてみると数値のインフレが
とんでもないことになっているし、

 

フリーザの第2形態が100万以上
と曖昧に表現されてるのを考えると

ドラゴンボールの作中では第2形態登場以降は
正確に測ることができないのだろうと思う。

 

そして、
これだけ数値がインフレするとなると

フリーザがあっさり倒されてしまうレベルになる
人造人間編以降は戦闘力の概念がなくなるのも当然かも。

 


ドラゴンボール 大全集 コミックセット[マーケットプレイスセット]

 

フリーザの戦闘力が53万とはまとめ

フリーザの戦闘力は第1形態の時点で
53万という衝撃的な数値だけども、

 

実際それはどうやって測られたかについては

もしかしたら大きな機械があって測ったのかもだし、
ハッタリで言ったものなのかもしれない。

(それでも高い戦闘力に変わらないけど)

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ