クォーツァーの意味は 正体は【ジオウ】

LINEで送る
Pocket

仮面ライダージオウの映画に

 

 

歴史の管理者・クォーツァー

が登場するということだけど、

 

このクォーツァーの意味や
正体はどのようになってるのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

クォーツァーの意味はどうなる?

劇場版仮面ライダージオウに登場する

歴史の管理者・クォーツァー

だけども、

 

このクォーツァーというのは
一体どんな意味があるのか?

 

一応クォーツァーというのは

仮面ライダージオウの主題歌でもあり
映画のタイトルにもなっている

 

Over Quartzer

にも使われている言葉であり、

 

「Quartzer(クォーツァー)」という言葉自体は
造語となっている。

 

おそらくは
四半期、4分の一を意味する

quarter(クォーター) に「z」を加えた造語

となっていると思われるけども、

 

「z」を入れている理由については
不明な感じになっている。

 

ただ「z」はアルファベットの終わり
に使われている文字となっていて、

最後を意味する文字にもなっている。

 

それを踏まえると

四半期は大体25年くらいなので
平成ライダー20作目のジオウと

近い年数となっているわけだし、

 

ジオウは平成ライダー20作と同時に
平成ライダー最終作ともなっている。

 

さらに言えば平成は約30年となっていて
四半期と近い年数となっているわけだし、

 

Quartzer(クォーツァー)というのは

平成の終わり=歴史の終わり

を意味しているのかもしれない。

 

そして
「Over Quartzer」も同様に

歴史の終わりを超えていく

という意味になっているのかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

クォーツァーの正体はどうなってる?

そして仮面ライダージオウの映画に登場する
歴史の管理者を名乗る謎の集団

クォーツァーの正体

について予想を立ててみると、

 

 

クォーツァーの服装は
ウォズと似たような格好をしていて、

ウォズはオーマジオウに仕える存在となってる。

 

さらにウォズの持っている

逢魔降臨暦

はもしかしたら歴史の管理者である
クォーツァーが書いたものの可能性があるし、

 

 

「仮面ライダージオウ」の“本当の最終回”という
位置付けの本作では、

主人公・常磐ソウゴがすべてのライドウォッチを
集めたときにクォーツァーが現れ、

王誕生に隠された大いなる陰謀が明らかになっていく。

 

引用元 – 劇場版「ジオウ」にDA PUMP、「リュウソウジャー」に佐野史郎と北原里英が出演

 

 

と書かれているように
王誕生にかかわっている模様だから

 

クォーツァーこそが
オーマジオウを擁立している組織

ということなのかもしれない。

 

そして
映画に登場する仮面ライダー達も

 

仮面ライダーバールクス BLACK RX

仮面ライダーゾンジス 真・ZO・J(ネオライダー)

仮面ライダーザナモス アマゾンズ

 

と平成に活躍をしていながら
平成ライダーに含まれないライダーをモチーフとしてるので、

 

もしかしたらクォーツァーは
歴史の中で王を生み出していて

 

クォーツァーの仮面ライダー達は

平成ライダーとは別の歴史における王

ということなのかもしれない。

 

 

クォーツァーの意味や正体まとめ

クォーツァーの意味や正体については
まだ分からないところがあるけど、

劇場版でどんな謎があるのか
非常に気になる所だったりもする。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ