ギンギツネをけものフレンズと実物で比較してみた

LINEで送る
Pocket

今週のけものフレンズで

 

 

キタキツネとギンギツネが登場するので、

今回はその中から
ギンギツネについてまとめてみることにした。

スポンサードリンク

 

 

ギンギツネをけものフレンズと実物で見てみる

けものフレンズのギンギツネの姿は
アニメでは上記の姿だけど、

 

全体の姿としては

 

 

ギンギツネの姿はこうなっていて、
キタキツネと結構似ているなと思える。

 

そんなギンギツネは
実物だとどんな姿なのかというと、

 

 

このような姿をしている。

 

ギンギツネの名の通り
毛並みがとっても綺麗であるけども

ちょっとタヌキに似ていると思うのは
私だけなのだろうか?

 

スポンサードリンク

 

ギンギツネについてもまとめてみる

ギンギツネと呼ばれているけども

 

ギンギツネは北半球に広く分布しているアカギツネの黒色化型で、
体毛は黒地に白銀色の差し毛になっている。

ギンギツネはカナダなどの寒冷地に多く生息しているが、アカギツネと同様、
山地の森林や平原の他、人里近くにも現れ、さまざまな環境に順応している。

 

引用元 – ギンギツネ さんのプロフィール

 

とあるように、

北半球に広く分布しているアカギツネの毛の色が
黒色になった種類のキツネと言えるわけだ。

 

実際に

 

ギンギツネが他のキツネと
動物園で仲よくしてる姿も見られるし。

 

ちなみに

 

日本列島近傍では、北海道・樺太にキタキツネ (Vulpes vulpes schrencki) 、
列島のそれ以外の地域にホンドギツネ (Vulpes vulpes japonica) という亜種が、
それぞれ棲息する。

 

引用元 – アカギツネ(Wikipedia)

 

とあるように、

キタキツネもアカギツネ(ギンギツネ)の亜種
つまり仲間と言える存在となっている。

 

なので、

キタキツネとギンギツネの姿が似てるのには
何となく納得がいくような気がする。

 

ちなみにキタキツネについては
下記の記事で解説をしている↓

キタキツネをけものフレンズと実物の比較 さらに動物園も

 

ギンギツネのけものフレンズと実物まとめ

ギンギツネのけものフレンズと実物の姿は以上。

 

ちなみにギンギツネは
日本の動物園だと

 

ノースサファリサッポロ デンジャラスの森

北海道札幌市南区豊滝469-1

 

宮城蔵王キツネ村

宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3

 

宇都宮動物園

栃木県宇都宮市上金井町552-2

 

といった動物園で見ることが出来る。

 

また、

けものフレンズは
下記の記事で記述してるサイトで見放題となってる↓

 

≪けものフレンズが見放題の動画配信サイトは?≫

 

だから、

ギンギツネが登場するエピソード等を
また見直してみるといいかもしれない。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ