タドルファンタジーは魔王が主役だけど元ネタは?

LINEで送る
Pocket

来週から登場する

ガシャットギアデュアルβの
タドルファンタジーで変身する

 

 

ブレイブ ファンタジーゲーマー レベル50

は魔王が主役のゲームであるけど、

 

タドルファンタジーの元ネタと思われる
魔王が主役のゲームってどんなのがあるのか?

スポンサードリンク

 

 

タドルファンタジーの魔王の元ネタは?

ブレイブの強化フォームのガシャットである
タドルファンタジーの概要としては

魔王が主役となって勇者を倒す

というものになってる。

 

そして、

魔王が主役になってるゲームとしては
どんなものがあるのか調べてみたら

 

ダークハーフ(1996年発売)

と呼ばれるゲームが存在しており、

 

内容としては

魔王の復活に巻き込まれた後
復活した魔王を倒すべく行動する人間側の主人公と

 

1000年に渡る封印から解き放たれて
封印した聖騎士6人を追い求める魔王

の2人の主役を交互に操作していくRPGである。

 

一応人間側の主人公がいるものの
魔王が主役という点ではあてはまってると言える。

 

そして、
ダークハーフはなんと

 

タドルクエストの名前の元ネタとなってると思われる
ドラゴンクエストと同じ

エニックス(現スクウェア・エニックス)

から発売されてるゲームだったりする。

 

なんともな因果関係を感じずにいられない。

 

スポンサードリンク

 

タドルファンタジーの元ネタは他にこれも?

タドルファンタジーの元ネタとして
考えられるゲームとしては他に

 

厳密には魔王ではないけど

ウィザードリィIV ワードナの逆襲(1987年発売)

も考えられるかもしれない。

 

ウィザードリィIV ワードナの逆襲は

初代ウィザードリィのラスボスである
悪の魔術師ワードナが主役となってるRPGだ。

 

そして内容も

モンスターを引き連れて
冒険者を倒すという内容になっている。

 

厳密には魔王とは呼ばれてないものの

RPGのラスボスというのはいわば
魔王ポジションと言っても過言ではないので、

 

完全に魔王(敵側)が主役という点では
タドルファンタジーの元ネタっぽい気もする。

 

それにしても

1987年に発売されて1988年には
日本語翻訳版が発売されてるわけだが、

 

かなり古くから
敵側が主役のゲームがあったのだなと思う。

 

 

タドルファンタジーは魔王が主役だけど元ネタはまとめ

タドルファンタジーの元ネタと思われる
魔王が主役のゲームは以上である。

 

ちなみに、

タドルファンタジーの名前の由来になったと思われる
ファイナルファンタジーも調べてみたけど、

 

FFはそもそも
魔王と呼ばれる人物自体が結構少なかったりする。

 

ちなみに、
タドルファンタジーの音声が収録されてる

DXガシャットギア デュアルβ

の発売日は

 

2017年2月25日

となっている。


2月下旬発売予定!【予約】仮面ライダーブレイブと仮面ライダースナイプのレベル50変身アイテム! 仮面ライダーエグゼイド 変身ゲ—ム ★ DXガシャットギア デュアルβ

 

また、

ガシャットギアデュアルβを
楽天から格安で手に入れる方法も存在する↓

 

≪ガシャットギアデュアルβを格安で手に入れるには?≫

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ