仮面ライダー リバイス 9話の感想 あらすじまとめ

LINEで送る
Pocket

2021年10月31日放送の

 

 

仮面ライダー リバイス 9話

カゲロウ暴走!五十嵐兄弟…崩壊!?

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダー リバイス 8話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー リバイス 8話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー リバイス 9話のあらすじは?

仮面ライダー リバイス 9話

カゲロウ暴走!五十嵐兄弟…崩壊!?

のあらすじは東映公式だとこんな感じ。

 

悲劇の家族旅行から数日。
五十嵐家には暗雲が立ち込めていた。

家族の目の前で
大二の姿をした悪魔・カゲロウに

傷つけられたショックで落ち込む一輝。

だが、それは大二の意志ではなく、

カゲロウに乗っ取られた故の行動だと
独りごちている父・元太。

一方、あの優しい兄になぜ卑劣な悪魔が
宿っているのかを疑問に感じるさくら。

そんな中、母・幸実だけはいつも通りの
笑顔で銭湯のお客さんを接客している。

「アンタたち、何くらい顔してんのよ!
大二が帰ってくる場所はここだからね」

その言葉に勇気づけられた一輝は、
大二をカゲロウから助け出すという
決意を新たにする。

だが、フェニックスは世間に知られる
前に殲滅すべしと、エビル抹殺命令を出す。

時を同じくして、
カゲロウはデッドマンズから
ブラキオスタンプを受け取り、
無差別に悪用し始めーー。

 

引用元 – 第9話 「 カゲロウ暴走!五十嵐兄弟…崩壊!?」

 

本格的に動き出して
街を混乱に陥れるカゲロウと対峙する話。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー リバイス 9話のあらすじからの予想等

仮面ライダー リバイス 9話のあらすじから
展開の予想等をしてみた。

 

 

大二をカゲロウから助け出すために

仮面ライダーエビルと
対峙することになるのだけど、

 

リバイのライダーキックには
体内の悪魔を分離させる力があるから

それで分離したカゲロウを倒すのかもだけど、
そう簡単に事は運ばなさそうにも思う。

 

そしてカゲロウが詐欺グループから
デッドマンを生み出すけども、

 

詐欺グループのメンバーが

 

マジイエロー(ビートバスター)

カジキイエロー

柿原さん

 

とスーパー戦隊出演者で

よく特撮OBをゲスト出演させる
坂本浩一監督らしいと思ったり。

 

新フォームでも

鎧武に似た姿のカマキリゲノムが
登場するのだけど、

 

持ってる武器がソニックアローっぽくて
中間のジンバーをイメージしていそう。

 

そしてデモンズも

モグラバイスタンプで
アマゾンっぽい配色の腕になってるけど、

 

バイスタンプの生物と
融合してるようにも見えるし、

このままデモンズドライバーに取り込まれて
キメラみたいな姿にならないか心配。

 


仮面ライダーリバイス DXカマキリバイスタンプ

 

仮面ライダー リバイス 9話の感想 まとめ

仮面ライダー リバイス 9話の感想等を
Twitter等からまとめてみた。

 

 

 

カゲロウがそんな昔から存在してるのも
人の心に悪魔がいるということなのかそれとも・・・

 

 

 

 

1話しか登場しない詐欺グループに戦隊OBを使うとは

 

 

 

ツッコんでるのがバイスだけなあたり
一輝の心の声も担当してるのだろうと

 

 

 

 

乗せられちゃう視聴者も視聴者

 

 

 

他にもどんどん外見モチーフに中間を入れてほしい

 

 

 

ミツザネェ!

 

 

 

さくらの中にも悪魔がいるフラグ立ったけど
仮面ライダーには変身するのか?

 

 

 

悪魔との契約で記憶を失ってるフラグ?

 

 

 

フリオ道場通ってた意味あったのだろうか?

 

 

 

 

スタッフが意識して入れた台詞なのかもしれない

 

 

 

 

少し前の何気ない描写から
今は体の乗っ取りが進んでるのだと改めて気づかされる

 

 

 

 

 

ここまで好感度上がりっぱなしだとクリスマスで退場しそう

 

 

仮面ライダー リバイス 9話の感想 あらすじ まとめ

仮面ライダー リバイス 9話の感想 あらすじは以上。

 

9,10話が坂本浩一監督だけど

さくらやアギレラのアクションは
やらないのかも注目したい。

 

仮面ライダー リバイス 10話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー リバイス 10話の感想 あらすじまとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ