仮面ライダー セイバー 46話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2021年8月13日放送の

 

 

仮面ライダー セイバー 46話

さようなら、私の英雄。

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダー セイバー 45話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 45話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー セイバー 46話のあらすじは?

仮面ライダー セイバー 46話

さようなら、私の英雄。

のあらすじは東映公式だとこんな感じ。

 

力尽き、倒れた大秦寺。

そして、他の剣士たちも次々に倒れていく。

ワンダーワールドの消失と世界崩壊が進む中、
ルナの異変も加速する。

自らも消えながらある決意をした芽依はルナと遭遇する。

そして、遂に飛羽真はストリウスの元に辿り着く。

全知全能の書に何が記されていたのか?

ストリウスは残酷な真実を飛羽真に突きつける。

それを知った飛羽真は?

そして、飛羽真とストリウス、
物語の結末を賭けた最後の戦いが始まる――。

 

引用元 – 第46章「さようなら、私の英雄。」

 

剣士たちが次々に倒れたり

飛羽真とストリウスついに
最後の戦いを始める話。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー セイバー 46話あらすじからの予想等

仮面ライダー セイバー 46話のあらすじから
展開の予想等をしてみた。

 

 

飛羽真とストリウスの
最後の戦いが始まる中で

 

世界の崩壊も含めてすべてが
全知全能の書に書かれてることを

ストリウスが飛羽真に告げる模様。

 

そして仲間が次々と倒れていく展開から
生きてるかもしれないけど、

味方側が全滅する展開ももしかしたら
あるのかもしれないし、

 

世界崩壊や剣士達が命を落とす
という物語の結末を変えるために

飛羽真が人間でなくなる展開になるのかも。

 

予告の方でも

火炎剣烈火が穴に落ちて
さらに飛羽真も穴へと落ちるようだから

 

これで46話のタイトルの

さようなら、私の英雄。

になるのだろうと思うけど、

 

落ちた穴の中で
何かがありそうな予感がする。

 


一番くじ 仮面ライダーセイバー NO.03 feat.レジェンド仮面ライダー A賞 SOFVICS 仮面ライダークロスセイバー

 

仮面ライダー セイバー 46話の感想まとめ

仮面ライダー セイバー 46話の感想等を
Twitter上からざっくりとまとめてみた。

 

 

 

普段の行動が行動だけに他人にいい働きかけをする

 

 

よく見るシチュだけどドラゴンボール連想する人多いと思う

 

 

そんな戦い方だからこそ剣技を生み出した賢神に勝てた

 

 

 

世界を新しく作るとかで生き返るはず

 

 

 

 

自分のオリジナルだと思ってたものが
既にあるものだったなんて知ったら

作る側にとってはショック

 

 

章立てっぽいタイトルイン伏線が

 

 

タッセルが全て知ってる風だったのはそういう

 

 

特別編で本編に組み込まれてなかったからね

 

 

 

 

 

今だと斬新な発想はすでに出尽くしてるし
先人の影響を受けた作家だっているだろうし

そんな時代に生きる飛羽真だからこその
今回の台詞なんだと思う

 

 

 

言われてみれば2000年前だと
小説も作家も今よりずっと少ないはずだし

ストリウスの不幸は生まれた時代だったのかも。

 

 

踊ってる場合じゃない

 

 

仮面ライダー セイバー 46話の感想 あらすじ まとめ

仮面ライダー セイバー 46話の感想 あらすじは以上。

 

最終回が近づいているけど、

最終回限定のフォームとかが
登場したりするのか気になるところ。

 

仮面ライダー セイバー 最終回の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 最終回の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ