Amazonプライムはクレジットカード以外で支払い可能?

LINEで送る
Pocket

現在Amazonプライムビデオで配信中の

ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA

が観たいから
Amazonプライムの会員になろう

と考えているところだと思う。

 

だけど、

今クレジットカードを持っていないけど
Amazonプライムの年会費は支払いできるのか?

と疑問に思っているはず。

 

なので、

Amazonプライムの年会費は
クレジットカード以外でも支払いできるのか?

についてまとめてみた。

 

 

Amazonプライムの年会費支払いはどうなってるのか?

まず、

Amazonプライムの年会費は
クレジットカード以外の支払い方法はあるのか?

という点だけど、

 

Amazonプライムの年会費支払いはクレジットカードまたは
au WALLETプリペイドカードのみで承っております。

また、Amazon Studentの年会費支払いはクレジットカード、
au WALLETプリペイドカード
またはVisaデビットカードのみで承っております。

 

引用元 – クレジットカード以外のカードのご利用について

 

という説明があるように、
現在Amazonプライムの支払いができるのは

 

クレジットカード

au WALLET プリペイドカード

Visaデビットカード(Amazon Student限定)

 

の3つのみとなっており、

現金等での支払いは
出来ないようになっているのである。

 

本当に私はこの時
クレジットカード持ってて良かったと思った。

 

 

Amazonプライムのクレジットカード以外の支払い

それでAmazonプライムの
クレジットカード以外の支払い方法について

ちょっと解説をしてみようと思う。

 

 

au WALLETプリペイドカード

簡単にいえば

auが行っている
インターネットなどで買い物ができるサービスであり、

 

au WALLETプリペイドカードはauIDさえ持っていれば
簡単に登録できるのが特徴。

 

だから、

auの携帯やスマホを持ってる場合は
簡単に作ることができるのだけど、

 

au WALLET プリペイドカードのご利用には、
au携帯電話またはauひかり/auひかり ちゅらのご契約が登録された
au IDが必要です。

(利用者登録をご利用されている場合は、
ご契約者名義での発行となります。)

 

引用元 – はじめての方へ(au WALLET プリペイドカードとは?)

 

という説明があるように
auと契約してないと作ることはできない。

 

ちなみに私のスマホもdocomoなので
au WALLET プリペイドカードは作れない。

 

 

Visaデビットカード

学生のサービスである
Amazon Student限定で

Visaデビットカードを支払いに使う事が出来る。

 

Amazon Student限定というのは
簡単にいればAmazonプライムの学生版で、

年会費1,900円(税込)限定と安くなってる上に

・本 +10%ポイント還元

・文房具・ノート20%OFF

といった特典を受け取ることができるのだ。

 

そしてVisaデビットカードも

銀行口座さえ持っていれば
クレジットカードなしでも作ることができる。

 

ただし、

当然ながら学生サービスということで
学生以外には利用することはできない。

 

 

Vプリカ

Amazonプライムの30日間無料のとき限定で

Vプリカ

を使う事が出来る。

 

Vプリカというのは簡単に言うと

ネット限定のプリベイトカード

の事であり、

 

Vプリカはコンビニで
簡単に買う事が出来たりする。

 

しかしVプリカは

毎月発生する固定費の支払いには利用できない

ということなので、

 

年会費がかかるAmazonプライムには使用できず
使えるのは無料お試し会員の時のみしか使用できない。

 

 

Amazonプライムはクレジットカード以外で支払いできるまとめ

Amazonプライムの年会費は
クレジットカード以外でも支払い出来るけど、

auと契約してなかったり
学生でない場合は結構難しい方法になる。

 

なので、

クレジットカードでAmazonプライムの支払いをするのが
一番手っ取り早い方法となるので、

この機会にクレジットカードを作ってみてはいかがだろうか?

 

ちなみにクレジットカードだと
こちらが年会費無料で簡単に作ることができる↓

 

≪年会費が永年無料のクレジットカードがこちら≫

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ