ガウマの正体は 怪獣使いとはどういう意味?

LINEで送る
Pocket

SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)
に登場する

 

 

ガウマ

の正体は何だろう?

スポンサードリンク

 

 

ガウマの正体とは?

ガウマはダイナゼノン1話のあらすじによると

 

 

怪獣使いを名乗る謎の男

とのこと。

 

グリッドマンの世界において
怪獣使いといえば

 

電光超人グリッドマンの

藤堂武史およびカーンデジファー

 

SSSS.GRIDMANの

新条アカネおよびアレクシス・ケリヴ

を思い浮かべる。

 

だから、
怪獣使いということで

ガウマは怪獣を生み出す存在

という風にも解釈できそう。

 

ただ、
ダイナゼノンのPV1弾では

 

 

ガウマの目の前にダイナドラゴンらしき
頭部がある場面があるし、

 

ダイナドラゴンも恐竜型のロボだから
怪獣と呼べなくもないと思う。

 

だから

ダイナドラゴンみたいな恐竜型から
人型のダイナゼノンになると考えると、

 

ダイナゼノンを操るから
ガウマは怪獣使いを名乗ってる

と考えることもできる。

 

スポンサードリンク

 

ガウマの正体をさらに予想

ただ、

怪獣にしてもダイナゼノンにしても
それを操るガウマの正体については

まだ不明なことが多いし、

 

 

ガウマという名前からして
普通の人間ではないと思う。

 

なのでいくつか
考えらえそうな正体を予想。

 

 

ガウマはダイナゼノンの中核

まず可能性としては

ガウマはダイナゼノンの中核的存在

という可能性。

 

SSSS.GRIDMANでは
グリッドマンの支援メカに変身する

新世紀中学生

が登場していて、

 

実は新世紀中学生は

アレクシスによって分離された
グリッドマンの人格の一部と明かされた。

 

だからそれと同様に、

ガウマは元々はダイナゼノンと1つの存在で
何らかの理由で分離してしまった

ということなのかも。

 

そして怪獣使いを名乗ってるのは

自分がダイナゼノンの中核的な
部分に当たる存在だからなのかも。

 


【Amazon.co.jp限定】インパーフェクト アニメジャケット盤(メガジャケ付)

 

ガウマはカーンデジファー説

他にもガウマはグリッドマンの敵の

カーンデジファー

なんて説もあったりする。

 

SSSS.GRIDMANでは

主人公でありグリッドマンと一体化してた裕太が
分離したグリッドマンの一部に憑依された存在

だったわけだし、

 

それと同様にガウマも

記憶を失ったカーンデジファーの一部

なんて可能性もあるかも。

 

 

5000年前のミイラ説

ダイナゼノンの3話で
ガウマや怪獣優生思想は

5000年前に死んでこの時代に生き返った

ということが語られていたし、

 

ダイナゼノンをガウマに託した
会いたい人物というのは

女性

であることが語られていた。

 

グリッドマンで5000年前というと

グリッドマンの18話に
龍を操って国と姫を守ったとされる

古代の龍戦士と思われるミイラ

が登場していて、

 

メカバギラによってミイラが目覚めて

メインキャラの井上ゆかを
姫だと誤解していた。

 

龍を操っていたなら
怪獣使いというのも納得だし、

 

会いたい女性というのも
姫のことなのかもしれない。

 

それにガウマの黄色い包帯も
どことなくミイラに見えるかもしれない。

 

 

ダイナゼノンの関連記事一覧

ダイナゼノンとグリッドマンの関係↓

ダイナゼノンとグリッドマンの関係とは 続編にあたるのか?

 

ダイナドラゴンとの関係↓

ダイナゼノンはダイナドラゴンと関係ある 内容は?

 

夢芽の正体↓

南 夢芽の正体は 瞳の色が緑なのは【ダイナゼノン】

 

 

ガウマの正体まとめ

怪獣使いを名乗るガウマの正体は
まだ分からないけども、

話が進む中でどう明かされていくのか?

 

ダイナゼノンの見逃し 配信についてはこちらも↓

ダイナゼノンの見逃し 配信は 放送日はいつ?

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

One Response to “ガウマの正体は 怪獣使いとはどういう意味?”

  1. 佐久野伴樹 より:

    5000年前といったら中国は黄河文明で中石器時代だけど、過去回想のガウマ達の服装はとても5000年前には思えません。むしろ近未来のような・・・

    ガウマの正体が電光超人グリッドマンのミイラなら、あの過去回想のシーンは現実世界の5000年前の中国の出来事になるのだろうけど、違和感があります。

    仮説として、古代中国を模したデジタルワールドのレプリコンポイドであったガウマが、武史のメカバギラによって現実世界の自分に良く似た境遇のミイラにダウンロードされて、自分自身だと思い込み暴れてたというのなら納得できます。

    そうなるとやはり考古学研究所のコンピュータの中に生まれ古代中国をモチーフにしたコンピュータワールド説が濃厚のように感じます。

    それが電光超人第18話でフィクサービームされて、今のダイナゼノンの世界になったとしたら辻褄も会って納得できるように感じます。

    だとしたら少なくとも蓬達にとってはガウマは本当に自分たちの世界の過去の人物ということになりますし、その世界のレプリコンポイドであるなら、蓬が怪獣使いの力に目覚めかけたのも納得できます。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ