荒地の魔女の若い頃は 昔は美人だった?

LINEで送る
Pocket

ハウルの動く城に登場する

 

 

荒地の魔女

の若い頃が出てくる作品があって
昔は美人だったというのは本当?

 

 

荒地の魔女は若い頃は美人だった?

ハウルの動く城に登場する
荒地の魔女の若い頃は

 

三鷹の森ジブリ美術館で上映されてる
短編アニメーションの

星をかった日

に登場している。

 

星をかった日では

都会を飛び出した主人公の少年ノナが
不思議な女性ニーニャが登場するけど

 

 

ノナが少年時代のハウルで
ニーニャが若い頃の荒地の魔女

という裏設定が存在していたりする。

 

この設定は

2012年にニコ生で放送された
押井守さんと鈴木敏夫さんの対談での

鈴木敏夫さんの発言や

 

 

星をかった日の原作者である井上直久も
宮崎駿監督から直接聞いたことで

明らかになっている。

 

ニーニャの姿は荒地の魔女とは
似ても似つかないし、

 

一体どうしたらあの昔の姿から
マツコ・デラックスみたいになるんだろうと思う。

 

 

荒地の魔女の昔は美人ということだけど

星をかった日で登場するニーニャは

 

 

荒地の魔女の若い頃

という衝撃の裏設定がある。

 

だけど、

星をかった日の原作は
井上 直久さんの絵本で

 

ハウルの動く城の原作は
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ氏の小説

魔法使いハウルと火の悪魔

なので別に原作者が一緒なわけではなかったりする。

 

ただ、
井上 直久さんが描く

 

イバラード

と呼ばれる絵画や漫画作品の
舞台となる架空の国家は

 

アニメ映画「耳をすませば」の中の挿話

バロンのくれた物語

の舞台になっているし、

 

井上 直久さん自身も

三鷹の森ジブリ美術館メインホールの
壁画制作を行ったりと、

 

ジブリに関わりがある人という繋がりから

ハウルの動く城の過去という裏設定が
存在しているのかもしれない。

 

(ハウルと星をかった日の原作が違うから
あくまでも裏設定なのだろうし)

 


ジブリの森の映画 星をかった日 パンフレット ジブリ美術館限定

 

ハウルの動く城の関連記事一覧

荒地の魔女とマツコ↓

荒地の魔女とマツコって似てると思わない?

 

荒地の魔女の声優↓

荒地の魔女の声優は ハウルの動く城で演じているのは?

 

荒地の魔女とハウルの関係↓

荒地の魔女とハウルの関係は 心臓を狙う理由は?

 

ハウルのその後↓

ハウルのその後は実はこうなっていた?

 

ハウルの犬↓

ハウルの犬の名前は 正体はどうなっている?

 

ソフィーの魔法↓

ソフィーの魔法っていつ解けたの?

 

ソフィーの呪い↓

ソフィーの呪いは 老けたり若返る理由とは?

 

ソフィーの声優↓

ソフィーの声優は誰なのか【ハウルの動く城】

 

マルクルの声優↓

マルクルの声優は こんな役も演じていた?

 

カルシファーの声↓

カルシファーの声は カエルと一緒だった?

 

カブについて↓

ハウルのカブは王子だったけど 声優についても

 

 

荒地の魔女の若い頃まとめ

ジブリ美術館で上映される
星をかった日では

荒地の魔女の若い頃が出てくるけど、

 

一体どうしてあの昔の姿から
今の姿になってしまったのだろうか?

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ