ウルトラマンZ 23話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2020年12月5日放送の

 

 

ウルトラマンZ 23話

悪夢へのプレリュード

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(ウルトラマンZ 23話の感想 あらすじ等はこちら↓

ウルトラマンZ 22話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウルトラマンZ 23話のあらすじは?

ウルトラマンZ 23話

悪夢へのプレリュード

のあらすじは公式によるとこんな感じ。

 

ウルトラマンを解析して
生み出された特空機4号ウルトロイドゼロ!

ヨウコがパイロットに選ばれ、

起動テストが行われる日、
各地で怪獣が暴れ出した!

かつてない規模での怪獣の侵攻を前に、

最強ロボットがベールを脱ぎ、
その実力を見せつける!

 

引用元 – 第23話 悪夢へのプレリュード

 

23話では

ウルトロイドゼロの起動と同時に
各地で怪獣が暴れだす内容。

 

スポンサードリンク

 

ウルトラマンZ 23話の感想まとめ

ウルトラマンZ 23話の感想等を
Twitter上からざっくりとまとめてみた。

 

 

 

最終決戦で揃い踏みして

 

 

 

変身前でも傷は存在していたのか

 

 

 

 

言われてみればハルキから腕相撲申し込んでなかった

 

 

倒されなくてよかった

 

 

悲しいマラソンの終止符が来る日はあるのか?

 

 

違う世界の歴史の出来事だから

 

 

被害は大きくなかったからOKてか?

 

 

 

水上だけでなく水中でも戦ってくれた

 

 

 

ここで正体を明かす。

 

 

ウルトラマンZ 23話の感想をさらにまとめる

ウルトラマンZ 23話の
感想をさらにまとめてみると、

 

ウルトラマンのデータを使用して
造られた特空機4号機の

ウルトロイドゼロ

がいよいよ登場するけど、

 

すでに雑誌の情報で
暴走してしまうことが書かれている。

 

そして

プレリュード

という言葉の意味は

 

前ぶれ、前兆、前奏曲(導入的性格をもつ楽曲)

ということを考えると

 

ウルトロイドゼロの起動や
前述の各地の怪獣が暴れだす騒動は

まだ前兆に過ぎないということなんだろう。

 

そして、
怪獣が各地で暴れだすようだけど

一体なぜ今になって怪獣達が暴れるのか
気になるところではあるし、

 

セレブロが何か関係しているのか

それとも大きな災厄が起こるから
その前触れとして動いてるのかと思ってたけど

 

ウルトロイドゼロを危険視するからこそ
各地で暴れだした感じ。

 

そして暴れてる怪獣の中に

 

タッコング

キングゲスラ

のウルトラマンタイガに登場した
2体の怪獣が登場していて、

 

タッコングはタイガと共に戦い
海へと帰って行った怪獣だし、

 

キングゲスラもかつて

少年時代のヒロユキに
育てられていた怪獣だったから、

 

ウルトラマンZ 23話でのチョイスは
どこか複雑な心境を与えたけど、

倒されなくて何より。

 

そして

クリヤマ長官の目が赤く光っていることから
セレブロはやはり長官に寄生してたみたいだし、

 

ジャグラーもハルキ達の前で
正体を明かしてしまっていた。

 

ウルトロイドゼロのコクピットの前で
ジャグラーが正体を明かしていたら、

 

ウルトロイドゼロに自身が乗り込んで
ウルトラマンの力を持つ兵器を手に入れる

というのが目的のように思ったけど、

 

予告ではゼッパンドンに変身してるし
その辺りどうなっているのだろうか?

 


BANDAI ウルトラマン ウルトラ怪獣シリーズ 133 ウルトロイドゼロ

 

ウルトラマンZ 23話の感想 あらすじ まとめ

ウルトラマンZ 23話の
感想やあらすじについては以上。

 

ウルトロイドゼロに怪獣大暴れと
いかにも最終章という感じで

どうなっていくのだろうか?

 

ウルトラマンZ 24話の感想 あらすじはこちら↓

ウルトラマンZ 24話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ