ジャンプ 2020年 43号の掲載順は 順位から予想も

LINEで送る
Pocket

2020年9月28日に発売の

週刊少年ジャンプ 2020年43号

の掲載順はどうなってるのか?

スポンサードリンク

 

 

ジャンプ 2020年 43号の掲載順は?

ジャンプ 2020年 43号の掲載順はこんな感じ。

 

1.呪術廻戦(巻頭カラー)

2.ONE PIECE

3.僕のヒーローアカデミア

4.マッシュル-MASHLE-(Cカラー)

5.高校生家族

6.Dr.STONE

7.仄見える少年

8.夜桜さんちの大作戦

9.BLADE KID(Cカラー 読み切り)

10.僕とロボコ

11.あやかしトライアングル(Cカラー)

12.ぼくらの血盟

13.チェンソーマン

14.灼熱のニライカナイ

15.アンデッドアンラック

16.ぼくたちは勉強ができない

17.破壊神マグちゃん

18.森林王者モリキング

19.AGRAVITY BOYS

 

ちなみにHUNTER×HUNTERだけでなく
ブラッククローバーも休載。

 

スポンサードリンク

 

ジャンプ 2020年 42号の掲載順は?

そして

ジャンプ 2020年42号の掲載順はこんな感じだから
43号の順位と比較をしてみよう。

 

1.チェンソーマン(巻頭カラー)

2.僕のヒーローアカデミア

3.呪術廻戦

4.ぼくらの血盟(Cカラー)

5.アンデッドアンラック

6.仄見える少年

7.レッドフード(読み切り)

8.ブラッククローバー

9.Dr.STONE(Cカラー)

10.高校生家族

11.ぼくたちは勉強ができない

12.僕とロボコ

13.マッシュル-MASHLE-

14.あやかしトライアングル

15.夜桜さんちの大作戦

16.灼熱のニライカナイ

17.破壊神マグちゃん

18.AGRAVITY BOYS

19.森林王者モリキング

 

ジャンプ 2020年 42号についてはこちらも↓

ジャンプ 2020年 42号の掲載順は 順位からの予想も

 

 

ジャンプ 2020年 43号の順位からの今後も予想

ジャンプ 2020年 43号の掲載順については、

新連載の掲載順については
まだ様子見という感じだと思う。

 

それ以外の連載作品だと

夜桜さんちの大作戦

が42号では下から5番目くらいだったのに
43号では順位を大幅に上げてきている。

 

夜桜さんは掲載順が下位常連で
いつ打ち切りになってもおかしくないのに

かなり粘り続けている感じがする。

 

もしこのまま打ち切られずに続いていけば
いずれはアニメ化もあるかもしれない。

 

僕とロボコも掲載順が少し上がってるし、

あやかしトライアングルも中位くらいで
センターカラーになってるから

 

この辺りは打ち切りの可能性は
今のところはないと思うし、

特にロボコは安定しているのではと思う。

 

その一方で

アンデッドアンラックは
42号から順位を大幅に下げてるけど、

 

もとからそんなに
掲載順が安定してる漫画でもないし、

そこまで気にする必要はないかと思う。

 

そして

ぼくたちは勉強ができない

よりも掲載順が下の漫画が

 

破壊神マグちゃん

森林王者モリキング

AGRAVITY BOYS

 

となっていて、

このままだとこの3作品は
次の改変期で打ち切りの可能性大。

 

AGRAVITY BOYSは下位のほうで
これまで粘り続けてた漫画だけど

ついにジャンプから去る時が来るのか?

 

 

ジャンプ 2020年 43号の掲載順まとめ

ジャンプ 2020年 43号の掲載順は以上。

 

連載陣だけでなくJ金未来杯に関しても
結構気になるところだったりする。

 

ジャンプ 2020年 44号の掲載順はこちら↓

ジャンプ 2020年 44号の掲載順は 順位からの予想も

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ