ジャンプの2020年 28号の掲載順は 順位からの今後も予想

LINEで送る
Pocket

2020年6月15日に発売の

週刊少年ジャンプ 2020年 28号

の掲載順はどのようになってるのか?

スポンサードリンク

 

 

ジャンプ 2020年 28号の掲載順は?

1.あやかしトライアングル(新連載 巻頭カラー)

2.ONE PIECE

3.僕のヒーローアカデミア

4.約束のネバーランド(Cカラー 最終回)

5.森林王者モリキング

6.Dr.STONE

7.アンデッドアンラック(Cカラー)

8.ボーンコレクション

9.ハイキュー!!

10.チェンソーマン(Cカラー)

11.タイムパラドクスゴーストライター

12.マッシュル-MASHLE-

13.呪術廻戦

14.AGRAVITY BOYS

15.夜桜さんちの大作戦

16.ミタマセキュ霊ティ

17.アクタージュ act-age

18.魔女の守人

19.ぼくたちは勉強ができない

 

HUNTER×HUNTERは当然だけど
ブラッククローバーも休載。

 

スポンサードリンク

 

ジャンプ 2020年 27号の掲載順は?

参考程度に前号の
ジャンプ 2020年 27号の掲載順はこんな感じ。

 

1.ONE PIECE(巻頭カラー)

2.約束のネバーランド

3.僕のヒーローアカデミア

4.Dr.STONE

5.ブラッククローバー

6.ハイキュー!!(Cカラー)

7.呪術廻戦

8.タイムパラドクスゴーストライター

9.ゆらぎ荘の幽奈さん(Cカラー 最終回)

10.ボーンコレクション

11.ミタマセキュ霊ティ

12.アンデッドアンラック

13.森林王者モリキング

14.戦乱FREAKS(読み切り)

15.チェンソーマン

16.マッシュル-MASHLE-

17.ぼくたちは勉強ができない

18.夜桜さんちの大作戦

19.アクタージュ act-age

20.AGRAVITY BOYS

21.魔女の守人

 

 

ジャンプ 2020年28号の掲載順からの今後

ジャンプ 2020年28号で
約束のネバーランドが最終回を迎えて

2020年27号のゆらぎ荘から連続して最終回という形。

 

そして

ワンピースやヒロアカ、ハイキューなんかは
多少掲載順が前後しても

そこまで掲載順を気にする必要はなさそう。

 

新連載の方だと

モリキングやボーンコレクションは
前号と比べて掲載順が上がっていて、

 

このまま掲載順を現在くらいの位置で
安定させることができるなら

次の改変期での打ち切りは免れるんじゃないかと思う。

 

その一方で

タイムパラドクスゴーストライターは
掲載順が少し下がっていたけども、

 

こちらもこのまま順位を安定させれば
次の改変期での打ち切りは逃れられるかと思う。

 

掲載順が下の方だと

前号で下から2番目だったAGRAVITY BOYSが
比較的大きく順位を伸ばしていて、

 

今回の改変期での打ち切りは
とりあえず免れたんじゃないかと思う。

 

その一方でアクタージュが前号に続いて
掲載順が下位になってしまってるし、

ぼく勉も今回は掲載順が一番下だけど、

 

アクタージュは舞台化が決まってるし

ぼく勉も現在の文乃編の他にも
あすみ編と真冬編を残しているから、

 

この2つはさすがにまだ連載が
終了することはないんじゃないかと思う。

 

そして2020年28号から31号で始まる新連載は

 

あやかしトライアングル

破壊神マグちゃん

灼熱のニライカナイ

僕とロボコ

 

の4作品で

 

比較的最近で連載が終了したのは

 

鬼滅の刃

ゆらぎ荘の幽奈さん

約束のネバーランド

 

の3作品だから

 

あと1つ連載が終了するとしたら
掲載順が下位の常連になっている

魔女の守人

の可能性が高い。

 

 

ジャンプ 2020年 28号の掲載順まとめ

ジャンプ 2020年 28号の掲載順は以上。

 

鬼滅の刃やゆらぎ荘に続いて
約束のネバーランドも連載終了で

ジャンプ大丈夫?

と思えてくるけども、

 

次号のジャンプでの掲載順は
どんな感じで変動してるのか気になるところだし、

 

今後また新しくヒットする作品が出るのかも
非常に気になるところ。

 

ジャンプ 2020年 29号の掲載順はこちら↓

ジャンプの2020年 29号の掲載順は 順位からの予想も

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ