平成ジェネレーションズFOREVERのネタバレ【閲覧注意】

LINEで送る
Pocket

本日ついに

 

 

平成ジェネレーションズFOREVER

が公開されたので、

 

平成ジェネレーションズFOREVERのネタバレを
ちょっとまとめてみることにするので

ネタバレ見たくない人は閲覧しないように。

スポンサードリンク

 

 

平成ジェネレーションズFOREVERのオリキャスネタバレ

一番気になっている部分であろう

平成ジェネレーションズFOREVERにおける
オリキャスの出演はあるかどうかは

 

 

野上良太郎役の佐藤健さんが出演した

 

その他にも

アギト、龍騎、ディケイド、ゴースト

がオリジナルキャストで声の実の出演をしてた。

 

そしてその他の
ジオウやビルドのライダー達以外の歴代ライダーは

過去の音声ライブラリを使用してる

という感じだった。

 

それにしてもまさか

佐藤健さんが本当に出演するとは
正直思いもよらなかったけども、

 

終始ウラタロスが憑依してる状態での演技で
本来の良太郎の人格を演じてないのはちょっと残念かと思う。

(流石に今の佐藤健さんが
良太郎のキャラを演じるのは難しいところがあるのだろうか?)

 

そして、

平成ジェネレーションズFOREVERでは
ウォズが地球の本棚から情報を調べたり、

 

風都タワーやアナザーWが出てきたりと
W要素があるにもかかわらず、

翔太郎やフィリップの登場はなかったけど

 

おそらく本来は登場する予定だったけど
都合が付かなかったとかそんなのだろうか?

 

スポンサードリンク

 

平成ジェネレーションズFOREVERのその他ネタバレ

その他の

平成ジェネレーションズFOREVERのネタバレは
大体こんな感じになってる。

 

 

アナザー電王の変身者

アナザー電王の変身者はゲストキャラの

久永アタル

が変身していた。

 

公開まで変身者が秘密だったけども

まさかシンゴを助けようとして
アナザー電王にされてしまうのは驚きだった。

 

 

シンゴの正体

平成ジェネレーションズFOREVERの
キーキャラクターとなってる少年・シンゴの正体は

行方不明になっていたアタルの兄

 

ティード自身がアナザークウガとなることで
クウガが生まれず平成ライダーの歴史がなくなる

という目的を達成するために

 

歴史の改変の影響を受けない特異点の
シンゴをクウガが誕生する前の時間軸から連れさらうことで

 

仮面ライダー達が
虚構の存在となってしまっていた。

 

 

平成ジェネレーションズFOREVERの世界観について

平成ジェネレーションズFOREVERでは

 

ソウゴ達がライダーのことを忘れて受験勉強をしてる

記憶がないはずのグリスやローグの記憶が戻る

力を譲渡したはずのライダー達が変身できる

 

と言ったことが起こってるけども、

 

これに関しては先程も述べたように、

 

ティードがアナザークウガになったことで
平成ライダーの歴史が無くなってしまったので、

 

それによってソウゴも
ライダーであることを忘れたという感じ。

 

つまり
平成ジェネレーションズFOREVERは

歴史が改変されたことで
仮面ライダーがテレビの作品になってしまった

という世界になっている。

 

その割には

一度消えてしまったソウゴ達が
元の世界に戻ってきたかのようになってたけど。

 

そしてアタルは
フータロスと契約をしていたんだけど、

アタルの願いによってフータロスの力で
仮面ライダー達を虚構になった世界に呼び寄せていた。

 

なので、

仮面ライダー達は
元の記憶を持っているわけだし、

 

フータロスが繋ぎきれなかったことで
途中で記憶がなくなるライダーもいた。

 

そしてイマジンのフータロスが
歴史改編後も存在していたのに関してはおそらく

 

特異点の良太郎の存在によって

アナザー電王が誕生しても電王は消えない
つまり歴史が無くならなかったので

 

イマジンの存在も無くならず
フータロスが存在することができたんだと思う。

 

そして、

ライドウォッチを譲渡したライダー達も
普通に変身できた点に関しては

 

仮面ライダー達を人々が覚えていたからこそ
それによって再び変身できたということなのかもしれない。

 

ちょっと考察っぽくもなってしまったか。

 

 

平成ジェネレーションズFOREVERのネタバレまとめ

平成ジェネレーションズFOREVERの
ネタバレについてとりあえず

自分の考えとか交えてまとめてみたけども、

 

まさかの佐藤健さんの出演には
劇場で見ていてとても驚いたし、

結構電王が綿密に設定にかかわっていたあたり
まさに劇薬と言ってもいい扱いだったと思う。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ