ポニョの歌詞はこうなっててじつは怖い?

LINEで送る
Pocket

ポニョといえば

 

 

上の動画でも歌われてる歌を
思い浮かべるかと思うけど、

 

ポニョの歌詞はフルだと
どんな感じになってるのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

ポニョの歌詞はこのようになってる

ポニョの主題歌である

崖の上のポニョ

の歌詞を見れるサイトはいくつかあるので
この記事ではその一つを紹介してみる。

 

藤岡藤巻と大橋のぞみ 崖の上のポニョ 歌詞

 

こうしてみるとポニョの歌詞は
そんなに長いものにはなってないし、

結構楽しそうな歌に仕上がってると思う。

 

ちなみにポニョの歌詞に

パークパクチュッギュッ!

という言葉が出てくるけど、

 

これに関しては字面を見た漢字だと

 

パクパク:食事を食べてる

チュ:キスをする

ギュ:抱きつく

 

といった感じの
ポニョの動作を表しているように見える。

 

また、

足っていいな かけちゃお!

という部分は

 

かける=走る

という意味となり、

 

おててはいいな つないじゃお!

という部分に関しても

 

つなぐ=手をつなぐ

という意味になるかと思われる。

 

そんな感じで普通に聞いてる分には
ポニョの歌詞は楽しそうな歌に思えてくる。

 

スポンサードリンク

 

ポニョの歌詞はじつは怖いの?

そんなポニョの歌詞は一部では

実は怖かった

なんて都市伝説が流れている。

 

それによるとポニョの歌詞では

「まん丸おなかの元気な子」

と出てくる部分は

 

水を大量に飲んで
お腹が膨らんでいる様子で、

 

といううわさが出てるし、

 

「パークパクチュギュ」

という歌詞に関しても

 

パークパク=
水中で空気を吸いたがっている行動

チュギュ=
水圧で圧迫されてる様子

 

とまで言われている。

 

さらに、

「あの子もきっと見ている」

という部分も

天国の人たちも見ている

といった意味だと言われてる。

 

ポニョの歌詞が実は怖いという事で
上記のような都市伝説が挙がっており、

 

正直

「いくらなんでも考え過ぎなんじゃ」

と思わなくもないのだけど、

 

 

ポニョの音楽を担当した久石譲さんは

 

輪廻(りんね)、
魂の不滅など哲学的なテーマを投げかけている。

でも、子供の目からは、冒険物語の一部として、
自然に受け入れられる。

この二重構造をどう音楽で表現するか。
そこからが大変でした”(2008年7月31日読売新聞)

 

引用元 – 今夜金曜ロードSHOW「崖の上のポニョ」は

 

とあるように、

ポニョの歌詞の中に
あの世を臭わせる要素があるような発言をしてる。

 

それを考えると

ポニョの歌詞が怖いというのも
都市伝説で済ませられないのかもしれない。

 

(他のポニョの記事はこちら↓

ポニョの声優って今何をしてるの?)

 

 

ポニョの歌詞は実は怖いまとめ

ポニョの歌詞については以上。

 

ポニョの歌詞は普通に見る分には
楽しそうな歌にも見えるけど、

実は怖い部分があった

なんて都市伝説もあるけど、

 

果たしてその真実はいかに。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ