バルスの意味はどうなっててどこからきてる?【ラピュタ】

LINEで送る
Pocket

天空の城ラピュタに

バルス

という滅びの呪文が出てくるけど、

 

 

バルスの意味はどうなってて
どこからきているのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

バルスの意味はこのようになっていた?

それでバルスとは

ラピュタの劇中において
どんな意味をもった言葉かと言えば

 

バルスはラピュタ語で

閉じよ

という意味をもった言葉だと言われている。

 

ラピュタの飛行石を持って
「バルス」と唱えた事によって

核となってる巨大飛行石が射出されて
ラピュタが崩壊しているわけだし、

 

「文明を閉じる」

「歴史に幕を閉じる」

といった意味で
滅びの呪文となるのだと推測される。

 

ちなみに、

ラピュタに登場する呪文にはバルス以外に
「困ったときのおまじない」として

 

リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール

という飛行石の力を発動させて

 

・ロボット兵を起動させる

・ラピュタの位置を指す

・物を探したり、病気を治す

 

といった力のある呪文があり、

 

ラピュタ語での意味は

「我を助けよ、光よよみがえれ」

となってるのだけど、

 

リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール

バルス

 

の2つの言葉には

 

バル

という単語が共通していて、

 

ラピュタ語での意味を見た感じだと
後半での「アリアロス・バル・ネトリール」は

光よよみがえれ

という意味だと推測されるし、

 

そこから

「バル」とは「蘇る」という意味ではないか?

と推測がされている。

 

そしてそんな「蘇る」という意味のバルスに

「ス」

とがつくことで否定形となり、

 

バルス:閉じる(滅びる)

という意味になってるのではないか
という考察も存在している。

 

もし実際にそうだったとしたら
なかなか考えられているものだと思う。

 

スポンサードリンク

 

バルスの意味はどこから由来が来ているのか?

バルスの意味の由来はどこから来てるかは
諸説が様々存在しているけど、

その中で有力視されているのは

 

トルコ語の

bans(バルシュ)

と呼ばれる言葉で、

 

バルシュの意味は

平和

となっている。

 

ラピュタが滅びる呪文なのに
意味が平和とはなんともな話に思えるけど、

 

ラピュタには

底部ドームの巨大なエネルギー砲やロボット兵等
強力な兵器が存在しているわけだし、

 

ムスカや軍隊などは
それらの兵器を悪用しようとしていた。

 

なので、

ラピュタの技術や兵器を悪用されて
人々が苦しんだりしないように、

 

滅びの呪文を唱えて
ラピュタの文明を捨て去る事によって

平和へとつながる事になる

という事なのかもしれない。

 

ある意味現代における

核兵器などの兵器の撤廃

への訴えにも似てるような気がしてくる。

 

 

バルスの意味はどうなってるまとめ

バルスの意味については以上。

 

バルスとはラピュタを象徴する呪文として
とても人気が高いけども、

意味を調べてみると
色々な事がわかったような気がする。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ