ジードがウルトラファイトオーブのラストで出た意味は?

LINEで送る
Pocket

今週最終回を迎えた
ウルトラファイトオーブにて

 

 

ウルトラマンジードが先行登場

という衝撃のラストになったのだけど、

 

ジードがウルトラファイトオーブに登場したのに
どのような意味があるのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

ウルトラファイトオーブとジードの繋がりは?

ウルトラファイトオーブのラストで

 

・ギガバトルナイザーがどこかへ行った

・べリアルが生きている

・ジードが登場してレイバトスを倒した

 

といったことが起こってるけど、

 

これらを順に見てみると

 

ギガバトルナイザーは
またべリアルが手にすることになった

という可能性が高い。

 

ウルトラマンジードの世界では
べリアルが本編前に

クライシス・インパクト(=六年前の怪獣災害?)

を起こして消息不明になった
とされており、

 

もしかしたら消失したギガバトルナイザーは
べリアルの手に再び渡って

クライシス・インパクトに使用されたのかもしれない。

 

そして、

べリアルに関しても
ウルトラゼロファイトで生き返ったし、

ジードに登場することも確定してるので
生存していると思われる。

 

ジードがウルトラファイトオーブで
先行登場した件については、

 

ジード本編開始前だから

という可能性もあるけど、

 

いつの日か渡されることを約束されていたという
アイテム・ジードライザーとウルトラカプセルを託される。

人々を救うために、
リクはウルトラマンジードに変身することを決意する!

 

引用元 – 『ウルトラマンジード』メインキャスト発表!

 

とあるように、

1話のあらすじを見た感じだと
リクは1話で初変身するようである。

 

スポンサードリンク

 

ジードがウルトラファイトオーブで出た理由は?

ジードがウルトラファイトオーブで
先行登場したけども、

その理由について考察をしてみると、

 

考えられる線としては

 

ジード本編の時には記憶を失ってた

 

あらすじを見たところだと

リクは自分がべリアルの遺伝子を持ってると知らず
1話で初変身する感じであるが、

 

実は過去の記憶を失って
朝倉リクとして生きている

という説だ。

 

それだったら

例え1話が初変身っぽかったとしても
おかしくはないかもしれない。

 

 

次に

リクと一体化する前のジード

という説も挙げられている。

 

今のところウルトラマンジードは

初代マンみたいに人間と一体化してるタイプなのか
セブンみたいに人間の姿になってるタイプかは

判明していない状態だ。

 

だから、

もしジードが
人間と一体化してるタイプだった場合、

 

レイバトスを倒したのは
リクと一体化をする前のジード

という可能性もある。

 

他に考えうるのは

ジード本編後のジードが現れた

というのも考えられる。

 

オーブのテレビ本編でも
過去を書いたオリジンサーガでも

地球は現代と似た世界観であった事から、

 

宇宙によって
時間の流れが違うことが書かれてたし、

 

ウルトラファイトオーブでの宇宙と
ジードでの宇宙は別の時間軸

という可能性も高いし、

 

ウルトラマンゼロに関しても

もしかしたらジード本編後のゼロ

なのかもしれない。

 

そして、

オーブの完全超全集

によると、

 

劇場版オーブが第7章

となっていて、

 

ウルトラファイトオーブが第9章

となり、

 

その間の第8章が

デザストロ関係でウルトラマンXの
その後の物語とクロスオーバーする章

なのだけど、

 

もしかしたらオーブ第8章のストーリーで

ジードとも共演してる

という可能性もあるかもしれない。

 

なのでもし

ジード本編の時系列が
オーブ第8章位の時期だった場合、

 

ウルトラファイトオーブで
ジードが出ててもおかしくはないかもしれない。

 

 

ジードがウルトラファイトオーブで登場まとめ

ウルトラファイトオーブの最後で
ジードが登場したわけだが、

 

果たしてこの事については
ジード本編で触れることはあるのだろうか?

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ