おかあさんの唄の歌詞はこんな内容になってる?

LINEで送る
Pocket

金曜ロードショーで

 

 

おおかみこどもの雨と雪

が近いうちに放送されるので、

 

おおかみこどもの主題歌である

おかあさんの唄

についてまとめてみることにした。

スポンサードリンク

 

 

おかあさんの唄の歌詞はこんな感じになってる

おかあさんの唄の歌詞については
下記のサイトなどで見ることが出来る↓

 

アン・サリー/高木正勝 おかあさんの唄 歌詞

 

 

こうして
おかあさんの唄を聞いていると

子供が生まれてから
自分のもとを離れていく姿を見送る母親の心情

というものを歌っていて、

 

子供を持つ母親の心境というのは
こんな感じなのかなと思えてくる。

 

おおかみこども自体が
そのような話となってるところも

おかあさんの唄の歌詞と
あってるようにも感じてくるものだ。

 

スポンサードリンク

 

おかあさんの唄の歌詞をおおかみこどもから見る

おかあさんの唄の歌詞を
おおかみこども本編を見たうえで見ると、

 

最初の歌詞のあたりは

生まれてくる子供である
雪や雨の事について歌ってるように思えるし、

 

雪を駆け 雲を数え 雨に遊び 風に吹かれて

という部分の歌詞も

 

おおかみこどもの劇中であった

雪と雨が雪が積もった森で
おおかみになって遊ぶシーンを思わせる。

 

そして

四本足で二本の足で

という歌詞に関しても、

 

四本足=おおかみ

二本の足=人間

を表しているのだろう。

 

さらに

ふたつの道

というのは見ての通り

 

人間とおおかみのどちらかの道を選ぶ

という事になり

雪は人間として生きることを選び
雨はおおかみとして生きることを選んだわけで。

 

また、

最後の歌詞のあたりが
おおかみこどもの最後に

おおかみとなって山へ消えていった
雨を見送るシーンを思わせる。

 

後は

うおおん

という言葉が歌詞に出てくるけど

 

なんとなくおおかみの鳴き声と同時に
子供が巣立って泣いてる声のようにも思える。

 


アン・サリー CD【映画『おおかみこどもの雨と雪』主題歌「おかあさんの唄」】12/7/11発売【楽ギフ_包装選択】【05P03Sep16】

 

おかあさんの唄の歌詞まとめ

おかあさんの唄の歌詞については以上。

 

そんな感じで

子供が生まれてから
自分の元を離れていくまでの心境を歌った唄

という風に感じられる。

 

ちなみに、

雨と雪はそれぞれの道を
おおかみこども劇中で歩んでるけど、

 

その後については
一応こちらの記事でまとめてるので↓

おおかみこどものその後って結局どうなってるの?

 

興味があればぜひ
こちらの記事も見てもらいたい。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ