エグゼイドの意味は?こんなタイトルの理由は?

LINEで送る
Pocket

10月2日よりいよいよ
仮面ライダーエグゼイドがスタート開始するけど、

 

「エグゼイド」という言葉には
どんな意味が込められているのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

エグゼイドの意味は一体どうなってる?

エグゼイドという言葉は
初めて耳にする言葉だろうと思われる。

 

そして意味の方もこれまでの仮面ライダーが

 

鎧武=鎧武者

ドライブ=車を運転する

ゴースト=幽霊

 

と分かりやすいものだったけど、

エグゼイドという言葉だけでは
正直何がモチーフなのかもわかりづらいところ。

 

そんなエグゼイドには
一体どんな意味があるのかというと、

 

エグゼイド=究極の救護(救急)

という意味が込められているのである。

 

なんでこんな意味なのかというと、

エグゼイドという言葉は
英語で表記した場合だと

「EX-AID」

という言葉が使われる。

 

このうち「EX」というのは

「Extreme(究極)」

の略称となっている言葉であり、

 

それに付属する形で

「AID(救護、救急、救助)」

という言葉が使われている。

 

なので、
エグゼイド(EX-AID)という言葉は

EX(究極)+AID(救護、救急、救助)で
究極の救護(救急)

という意味の造語になっているのだ。

 

それにしても

EXがエクストリームの略となると
なんとなく仮面ライダーWの最終フォームである

サイクロンジョーカーエクストリーム

を思い出す名前だと思うと同時に、

 

どことなくエグゼイドという言葉も
エグザイルみたいだと感じてくる。

 

スポンサードリンク

 

エグゼイドという意味が付けられた理由とは?

それでなぜ、

仮面ライダーのタイトルとして
エグゼイドという意味が付けられたか?

という理由については、

 

仮面ライダーに変身する人間が全員医者だから

というのが挙げられる。

 

 

エグゼイド1話のあらすじは

 

聖都大学附属病院で小児科に勤務する宝生永夢(ほうじょう・えむ)は、
人の命を助けたいと願い、医者の道を選んだ。
かつて自分自身も手術によって命を救われた経験があったからだ。
研修医として日々奮闘する永夢だったが、
気持ちばかりが先走ってドジを繰り返し、
医者なのに怪我ばかりしていた。

そんな中、永夢が担当する患者である颯太の身体に見たことのない
ウイルスを発見する永夢。

それこそが衛生省が極秘に扱っていた
バグスターウイルス=コンピューターゲームから発生したウイルスだった。

衛生省から派遣された明日那は、
永夢を颯太の担当から外しこの件に関わらないように告げるが―――。

 

引用 –仮面ライダーエグゼイド EPISODE GUIDE

 

 

となっている事からわかるように、

仮面ライダーに変身することになる主人公は
研修医で医療にかかわっているし、

 

エグゼイドの主な相手となるのも

ゲームから発生したウイルスで
人間に感染するものとなっている。

 

なので、

エグゼイドの劇中で登場する謎のウイルスから
人々を守る(=救護する)医者の仮面ライダー

ということで

 

エグゼイド(究極の救護(救助))

という意味が付けられたのだろう。

 

また、

エグゼイドというタイトルからは
とても想像はできないけど、

 

医者要素だけでなくゲーム要素が
メインとなってる仮面ライダーだから

驚きを感じずにはいられないと思う。

 

 

エグゼイドの意味まとめ

エグゼイドの意味は

究極の救護(救助)

という意味が込められている。

 

仮面ライダーのタイトルは
これまで様々な物があったけども、

こういう分かりづらいものはなかなか珍しいと思う。

 

まぁどのみち私は
エグゼイドのスタートがとても楽しみではあるけど。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ