バーンザウィッチとブリーチの世界観の繋がりは 時間軸の関係も

LINEで送る
Pocket

久保帯人先生の漫画作品である

 

 

BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)

BLEACH(ブリーチ)

 

の世界観の繋がりとは?

スポンサードリンク

 

 

バーンザウィッチとブリーチの世界観の繋がりは?

バーンザウィッチと
ブリーチの世界観には繋がりがあって

 

バーンザウィッチにおける
ドラゴンの保護と管理をする組織の

「ウイング・バインド(WB)」は正式名称が

 

尸魂界・西梢局(ソウル・ソサエティ・ウエスト・ブランチ)

 

そして

ブリーチにおける尸魂界は東梢局なので
バーンザウィッチのウイング・バインドは

 

西洋の尸魂界

ということになる。

 

ウイング・バインドに所属し
ドラゴンの保護や管理をしている

魔女(ウィッチ)や魔法使い(ウィザード)は

 

 

ブリーチにおける死神に
相当する存在になるし、

魔女や魔法使いの使用する魔法も
ブリーチにおける鬼道に相当する。

 

そして

ウイング・バインドが管理や保護をする
異形の存在であるドラゴンも

 

バーンザウィッチの劇中で

日本では問答無用で全部殺す

と言ってることから
ブリーチにおける虚に相当する存在。

 

だからバーンザウィッチは

西洋の尸魂界を描いた作品として
ブリーチと世界観に繋がりがある。

 

スポンサードリンク

 

バーンザウィッチとブリーチの時間軸の関係は?

バーンザウィッチとブリーチの
時間軸の関係については

 

「BLEACHイラスト集JET」によると

バーンザウィッチは
ブリーチの最終回から2年後の話

とのこと。

 

ブリーチの最終回は

見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)との戦いから
10年の月日が経過していたし、

 

 

2021年 36 37号に掲載された読切では

魂葬礼祭

と呼ばれる

 

戦いで死んだ隊長の葬儀の後
十二年おきにやる儀式が行われていたので

 

読切だと

見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)
との戦いから12年の月日が流れている

ということが伺える。

 

なので、
バーンザウィッチの時間軸は

 

2021年 36 37号に掲載された
ブリーチの読切と同じくらいの時期

ということになる。

 


BURN THE WITCH 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

バーンザウィッチとブリーチの世界観の繋がりまとめ

バーンザウィッチとブリーチは
世界観に繋がりがあるけども、

 

時間軸の方も

バーンザウィッチとブリーチの読切で
同じくらいの時期になっていた。

 

もし、

獄頣鳴鳴篇の続きが描かれるなら
バーンザウィッチとも繋がるのだろうか?

 

獄頣鳴鳴篇についてはこちら↓

ブリーチ 獄頣鳴鳴篇の続きはあるか 続編はいつになる?

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ