おおかみこどもの雨と雪でお父さんがゴミ収集車に回収されたところを考察

LINEで送る
Pocket

おおかみこどもの雨と雪で

 

 

お父さんがゴミ収集車に
回収されてしまったシーン

について考察などをしてみた。

スポンサードリンク

 

 

おおかみこどもの雨と雪でのお父さんの回収

おおかみこどもの雨と雪で

 

 

狼の姿で川で遺体になっていたお父さんは
ゴミ収集車に回収されていたけど、

 

そもそも動物の遺体は

ゴミ収集車で回収してもいいのか
気になるところだったりする。

 

これに関しては地域によっては
多少の違いはあるけども

 

路上などで動物の遺体があれば
警察のパトロールや市民からの通報等で

道路を管理する自治体が
動物の遺体を処分することになってるし、

 

中には

ゴミ収集車で動物の遺体を
処理するところもある模様。

 

一応処分する前に

飼い主の身元が分かるものが無いか
確認はするようなのだけど、

 

公衆衛生上の問題から
長時間放置することができないから

早々に処分されてしまう模様。

 

スポンサードリンク

 

おおかみこどもの雨と雪のお父さんがゴミ収集車で回収されるとき

おおかみこどもの雨と雪で

お父さんの遺体がゴミ収集車で
回収されてしまってる際に

 

花が近くまで来ていたにも関わらず
回収されてしまっていて

 

飼い主らしき人がいるのに
回収してもいいものなのかと

思ったりもする。

 

一応小説の方では

引き取らせてほしいと頼んだがダメだった

と書いてあったらしいので、

 

映画の方でも同様に
頼んでダメだった模様。

 

おそらく突然の状況で

自分の旦那のことを
飼ってるペットと呼ぶのに

抵抗があったのかもしれないし、

 

あれだけ大きなオオカミを

ペットとしてアパートで飼ってるというのも
周りから見て不自然に思える。

 

だから、

オオカミを飼っているということを
周りに知られることにより

 

事が大きくなってしまい

おおかみおとこの存在が
世に知られることになったり

 

雨や雪の今後のことなどを考えて
言葉に詰まってしまったのかもしれない。

 


おおかみこどもの雨と雪 期間限定スペシャルプライス版 [ 宮崎あおい ]

 

おおかみこどもの雨と雪のお父さんを回収したゴミ収集車

おおかみこどもの雨と雪で
お父さんの遺体がゴミ収集車に

回収されてしまっていたけど、

 

 

そもそもお父さんは
ニホンオオカミの末裔であり、

 

ニホンオオカミといえば

20世紀初頭に絶滅したというのが
定説の動物であり、

 

そんなニホンオオカミが
街中で発見されたとなれば

前代未聞の大発見になるのではと思う。

 

だからいくらなんでも

そんな貴重なニホンオオカミを
あんな雑に扱うのはどうかと思うし、

 

学会に持っていくなり
剝製にするなりしないといけないのではと思う。

 

まぁ

シベリアンハスキーとかの犬種か何かと思い
深く考えなかったのかもしれないけど、

 

それでも

市役所とか町役場、国土交通省などの
しかるべき場所へ連絡はいかないのか?

とも思ったりする。

 

おおかみこどもの雨と雪のお父さんの死因はこちら↓

おおかみこどもの雨と雪のお父さんの死因は 死んだ理由を考察

 

 

おおかみこどもの雨と雪の関連記事一覧

おおかみこどもの声優↓

おおかみこどもの声優はなんとこの作品にも出てた?

 

おおかみこどもの毛野↓

おおかみこどもの毛野ってどれ 上白石萌音が演じてる?

 

おおかみこどものその後↓

おおかみこどものその後って結局どうなってるの?

 

おかあさんの唄↓

おかあさんの唄の歌詞はこんな内容になってる?

 

おみやげみっつ たこみっつ↓

おみやげみっつ たこみっつにはこんな意味が実はあった?

 

 

おおかみこどもの雨と雪でお父さんにゴミ収集車に回収まとめ

おおかみこどもの雨と雪で
お父さんにゴミ収集車に回収されたけど

 

ストーリーの都合上
お父さんを退場させるにしても

 

もうちょっとどうにかならないかと思う
シーンでもあったりするから

色々と言われているけど、

 

考察をしてみると

短いシーンながらでも
色々と複雑な事情が絡んできていそう。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ