キラメイジャー 21話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2020年8月30日放送予定の

 

 

キラメイジャー 21話

釣れ、ときどき達人

の感想やあらすじをまとめてみた。

 

(キラメイジャー 20話の感想やあらすじ等はこちら↓

キラメイジャー 20話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

キラメイジャー 21話のあらすじは?

キラメイジャー 21話のあらすじは
東映の公式サイトに掲載されたものだとこんな感じ。

 

とある日。

ヨドン反応があった地点を
警戒中の時雨はキラメンタルによって

キラメイソードを
どこまで伸ばせるかを実験していた。

そこに、

カナエマストーンを探していた宝路がやってくる。
手帳に記されたポイントがこの辺であるとのことだ。

合流した2人が見つけたのは、
地面に開いている不自然な穴。

宝路のチェンジャーは
ハズレの反応を示しているが、

そこにカナエマストーンが
あったかどうか否定できない。

訝しがりながらも
調査を続ける2人であったが、

そこに女性の悲鳴が!

連れの男が瞬間的に空中に引っ張られ、
不気味な歪みに引きずり込まれてしまったのだ!

驚く刹那、その女性も同様に宙を舞う!

それはまるで、誰かに釣られる魚のようで…
一体、何が起きているのだろうか!?

そんな中、

充瑠と瀬奈と水族館に遊びにきていた
マブシーナに異変が現れる。

なんと目にヨドンの紋章が浮かんでいるではないか!
ついに、魔女の呪いが発動してしまったのか…!?

 

引用元 – エピソード21 釣れ、ときどき達人

 

カナエマストーンが
敵の手に渡ってしまったり、

マブシーナに異変が現れる回だけど

 

同時にタイトル的にも
時雨がメインになりそうな感じもしてくる。

 

スポンサードリンク

 

キラメイジャー 21話の感想まとめ

Twitterでのキラメイジャー 21話の
感想等をまとめてみた。

 

 

 

 

 

妹の方は今後も出るのだろうか?

 

 

ストーン込みで強敵だった

 

 

どっかで聞いたことある

 

 

だからこそ襲撃の時用意周到だったというか。

 

 

とはいえ家族もほっとけないしというジレンマ

 

 

ノリノリ

 

 

キラメイジャー 21話の感想をさらにまとめてみる

キラメイジャー 21話について
さらにまとめてみるけども、

 

 

21話は坂本浩一監督が
3,4話以来の監督ということで

アクションなどは期待できそうな予感。

 

21話ではさらに

オラディンと王妃、宝路がそろっていて
さらに魔女の姿もあることから

 

前にさらっと触れていた
魔女を倒して呪いをかけられる場面

を改めて回想するのだと思われる。

 

 

ちなみに
王妃つまりマブシーナの母は

マバユイネ

という名前で

 

マバユイネの声は

桑島法子さん

が担当するとのこと。

 

王妃の顔は
マブシーナのマスクの流用だろうから

 

マブシーナ役の水瀬いのりさんが
2役やるのかと思っていたけど、

別の人が演じるんだなと思う。

 

そして

マブシーナに魔女の呪いが
発動する模様だけども、

 

21話で登場するカナエマストーンで
呪いを何とかするのだろうか

 

・・・と思っていたけど

アクアキラメイストーンの力で
何とかする模様。

 

それにしても

今回のカナエマストーンは
時を行き来できるということで

結構強力な能力だけど、

 

使用制限があるとかで
今後は使えなくなりそうな予感。

 


[8月29日発売予約][バンダイ] 魔進戦隊キラメイジャー DX魔進ザビューン

 

キラメイジャー 21話の感想やあらすじまとめ

キラメイジャー 21話の感想やあらすじは以上。

ここからさらに物語が
大きく動いていきそうな予感がする。

 

それにしても

坂本監督はキラメイジャーでは
割と重要な回を任されるなと思う。

 

キラメイジャー 22話の感想やあらすじはこちら↓

キラメイジャー 22話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ