仮面ライダー ゼロワン 44話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2020年8月23日放送予定の

 

 

仮面ライダーゼロワン 44話

オマエを止められるのはただひとり

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダーゼロワン 43話の感想やあらすじはこちら↓

仮面ライダー ゼロワン 43話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダーゼロワン 44話のあらすじは?

仮面ライダーゼロワン 44話のあらすじは
東映の公式サイトによるとこのような感じ

 

アークワンとなった或人の復讐の犠牲になったのは、
滅ではなく迅だった。

迅を失った悲しみによって増幅した悪意は、
滅の中にもアークを生み出してしまうのだろうか。

もし或人と滅が再び戦うことになれば、
人間とヒューマギアの全面戦争に発展しかねない。

諌をはじめとした仮面ライダーたち、
そして飛電インテリジェンスの人々が、

或人を止めるために動きだす!

 

引用元 – 仮面ライダーゼロワン #44

 

或人と滅が本格的に戦うとなると
人間とヒューマギアの全面戦争になるから

不破達や飛電の面々が或人を止めるために動く話。

 

スポンサードリンク

 

 

ゼロワン 44話の感想をまとめる

仮面ライダー 44話のTwitter上の感想を
さらにまとめてみた。

 

 

 

 

シエスタまで一緒にというのが胸熱

 

 

 

不破と亡でオルトロス

 

 

 

これがゼロツー最後の出番なのだろうか?

 

 

もっと悪い呼び名じゃなくて良かったかも。

 

 

 

リストラされないだけいいのか悪いのか

 

 

ベルト多すぎてプレバン送りに問題

 

 

 

特撮では結構Fateっぽいシーン出てくる

 

 

 

 

アークスコーピオンの実力とは

 

 

仮面ライダーゼロワン 44話の感想をさらにまとめる

そして、

仮面ライダーゼロワン 44話の感想を
さらにまとめてみると、

 

 

あと残り2話という状況で

バルカンの新フォームが
登場する事になったけども

 

色的に仮面ライダー亡と似ているし、

43話で仮面ライダーに
変身することができなくなってしまってるので、

 

亡の人工知能を再び
不破の脳内のチップに入れることで

変身できるようにしたのかもしれない

 

・・・と思ったら
キーだけで普通に変身できた。

 

そしてバルカンだけでなく

滅もゼロワンドライバーと似た形状の
ベルトを装着しているし、

 

また新しいフォームか
新しい仮面ライダーが登場する

ということになりそうだし、

 

おそらく43話で出てきた
アークに似たキーを使うんだろうけど

一体どんな形態になるのか気になったけど

 

仮面ライダー滅 アークスコーピオンになった。

 

(アークスコーピオンについてはこちら↓

滅 アークスコーピオンがゼロワンに ラスボスか?)

 

さらに44話のタイトルは

オマエを止められるのはただひとり

とこれまでの或人の決め台詞だけど、

 

予告を見た感じだと

不破達が或人を止めようとする

という感じだろうけども、

 

最終話の手前で
主人公の決め台詞がタイトルなあたり

まだ何か一ひねりありそうな予感もする。

 

後久しぶりに
ゼロツーも登場しているけど、

アークワンに或人が変身してる今
ゼロツーにどうして変身するのかと思ってたけど

 

不破を完全に滅してしまわないためとか
未知のフォームでの変身だから

未来予測できるゼロツーという感じなのかも。

 

 


仮面ライダーゼロワン DXゼロツープログライズキー&ゼロツ―ドライバーユニット

 

仮面ライダーゼロワン 44話の感想やあらすじまとめ

仮面ライダーゼロワン 44話の
感想やあらすじについては以上。

 

残り話数が少ない中で展開が読めないけど
どのような結末を迎えるのだろうか?

 

仮面ライダー ゼロワン 最終回の感想やあらすじはこちら↓

仮面ライダー ゼロワン 最終回の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ