シャンブルズの意味は ワンピースだと?

LINEで送る
Pocket

ワンピースに登場する

 

 

トラファルガー・ローの技に

シャンブルズ

という技があるけど、

 

シャンブルズの意味って
一体何なのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

シャンブルズの意味はどうなってる?

ワンピースではシャンブルズは

人や物の位置を一瞬で入れ替える技

となっていて、

 

人や物の位置だけでなく
人の心を入れ替えることも可能。

 

そんなシャンブルズの意味は
一体何なのか調べてみたら

 

修羅場、乱雑、めちゃくちゃ、大混乱

散らかし放題の場所

屠畜場(とちくじょう)

イギリス北部の都市ヨークにある石畳の細い通り

 

といった意味がるとのこと。

 

ちなみに屠畜場というのは

牛や豚、馬などの家畜を解体して
食肉に加工する施設のことで、

 

イギリスの都市ヨークにある
シャンブルズの名称も

中世から近世にかけて
肉屋が集まっていたことが由来。

 

シャンブルズはワンピースでは
人や物の位置を入れ替える技だったし、

語感もシャッフルと似ているから

 

入れ替えとか混ぜるという
意味があるのかと思っていたけど、

全く違う意味の言葉だったのは意外。

 

スポンサードリンク

 

シャンブルズの意味はワンピースでは?

ワンピースのローが使う

 

 

シャンブルズという技名には
意外な意味があったけども、

 

何故医者のローの技が

修羅場とか屠畜場といった意味なのか
気になるところだけど、

 

シャンブルズの由来について調べたら
1300年代の頃には

売り場で使うテーブル・台・カウンター

という意味で使われていて、

 

それより前の時代では

足を置く台

という意味だったとのこと。

 

さらに16世紀頃にはシャンブルズは

 

もう少し狭く

肉の売り場、食肉処理場

 

という意味で使われるようになったということ。

 

だから元々シャンブルズには

という意味があったのを考えると、

 

ローが外科医ということから

手術台

という風にも解釈できるし、

 

ローのオペオペの実の能力は
解体して体を改造したりもできるので

 

解体して食肉に加工する意味の

シャンブルズ

が技名に使われてるのかもしれない。

 


フィギュアーツZERO トラファルガー・ロー -王下七武海 Ver.-

 

シャンブルズの意味まとめ

シャンブルズの意味は

 

修羅場、乱雑、めちゃくちゃ、大混乱

散らかし放題の場所

屠畜場(とちくじょう)

イギリス北部の都市ヨークにある石畳の細い通り

 

といった意味になってるけど、

 

牛や豚、馬などの家畜を解体して
食肉に加工する施設という意味だと考えると

ローが技名として使用してるのも
なんとなくわかるような気がする。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ