佐藤太郎が戦兎の本名なのか?【考察】

LINEで送る
Pocket

今週の仮面ライダービルドで

戦兎は”佐藤太郎”
という名前のバンドマンだった

という話が出てきたけど、

 

果たして佐藤太郎というのが
戦兎の本名となるのか?

スポンサードリンク

 

 

佐藤太郎が戦兎が記憶を失う前の名前?

今週の仮面ライダービルドの情報だと

戦兎と佐藤太郎の顔は
(同じ役者とはいえ)うり二つと言っていいほど似てたし、

 

佐藤太郎がいなくなった日と記憶喪失になった
戦兎がマスターに拾われた日が一致する等、

(しかも佐藤太郎は薬品の実験のバイトに行った後
いなくなったという話だし。)

 

戦兎と佐藤太郎は
全くの無関係というわけではなさそうだ。

 

しかし、

戦兎=佐藤太郎

だと考えた場合、

 

単なるバンドマンでしかなかった佐藤太郎が
なぜ天才物理科学者の頭脳を持ってるか?

という疑問が出てくる。

 

(ぶっちゃけ元から天才物理学者とかなら

バンドをしてるだけならともかく
あんな安いアパートで男二人暮らしにならないだろうし。)

 

この事実に関して
ちょっと考察を入れてみよう。

 

スポンサードリンク

 

佐藤太郎と戦兎は中身が入れ替わってる?

戦兎が佐藤太郎だとした場合、

なぜバンドマンが
天才物理学者の頭脳を持ってるか?

というのを考えてみると、

 

可能性が高いのは

戦兎と佐藤太郎は中身が入れ替わってる

という可能性。

 

つまり、

体こそは佐藤太郎のものだけど
中身つまり人格は別人のもの

という可能性。

 

もしそうだとしたら

バンドやってた佐藤太郎が
天才物理学者の頭脳を持ってるのも

中身が別人だからで納得がいく。

 

そして、

佐藤太郎の体の中に
別人の人格が入ったのが戦兎なら

 

佐藤太郎の体に入ってる
別人の人格は誰のものかを推測すれば

 

龍我が冤罪を訴える事件の被害者

葛城 巧(かつらぎたくみ)

の可能性が高そうだ。

 

実際に葛城巧は生前、

誰もが認める天才として
“パンドラボックス”を研究する責任者として活動してたし、

 

もし戦兎の中の人格が葛城巧のものなら
天才物理学者の頭脳を持つのも納得がいく。

 

更に、

仮面ライダービルド|テレビ朝日 キャスト

で記載されてるメインキャストの中に

 

既に作中では故人となってる
葛城巧が入っている

という事を考えると

 

葛城巧はビルドにおいて
重要なキーパーソンとなってる可能性が高い。

 

だから、

佐藤太郎の体の中に
葛城巧の人格が入った存在が

 

桐生戦兎

という事なのかもしれない。

(記憶は失ってしまってるけど)

 

 

佐藤太郎が戦兎の本名かまとめ

佐藤太郎が戦兎の本当の過去かは以上。

 

ここまで考察をしてみたけど、

もし戦兎が
体が佐藤太郎で中身が葛城巧なら

 

葛城巧は生前は
「悪魔の科学者」とも呼ばれてた事を考えると

大きなどんでん返しがありそうだし、

 

人格の入れ替えが行われたのなら

佐藤太郎の中身は葛城巧の体に入って
その後命を落としたと考えることができる等、

更に気になるところが増えてるとも感じる。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ