仮面ライダーWの続編は映像作品ではないけど媒体は何?

LINEで送る
Pocket

公式側から

 

 

仮面ライダーWの続編について
アナウンスがあったけども、

 

それと同時に

映像作品ではない

という情報も入ってきた。

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダーWの続編は映像作品ではない?

仮面ライダーWの続編は
私としてもうれしいけども、

 

公式側からは

 

2017年、夏――――
7年ぶりに風都を舞台に、あの探偵たちの物語が再び始まります。

これは映像作品ではありません。
新しいステージでのチャレンジとなります。

語られるのは、その後の風都を舞台にした“彼ら”の新しい活躍。
三条陸さんのストーリーテリングによる正式な続編となります。
(パラレルワールドではありません)

探偵たちの活躍が一体どんな形で描かれるのか!?
正式タイトルやスタッフ布陣等、7月3日の続報をお待ちください。

 

引用元 – 新たなるビギンズナイト!? “あの街”の探偵が帰ってくる

 

とのことであり

映像作品ではない

という事が語られている。

 

ここで映像作品の定義について
簡潔にまとめておくと、

 

映像作品つまり映像媒体とは

映像部分と音声部分の両方の記録媒体

という事であり、

 

特に映画とかテレビ等の
記録媒体を含めた言葉になる。

 

そして、

映像作品の定義として
当てはまるメディアと言えば

 

・テレビドラマ

・映画

・オリジナルビデオ作品

・アニメ

・ネット配信作品

 

といったものが挙げられるし、

 

仮面ライダーWの続編は
上記の映像媒体で展開しない

という事になるかと思われる。

 

まさか

仮面ライダーWの続編という事で
一番予想されていた

 

・Vシネマ

・ネット独占配信

 

ではないというのは
少々驚きを感じる。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダーWの続編が映像作品じゃないとすると媒体は?

仮面ライダーWの続編が
映像作品ではないという事で

 

映像作品の条件である

映像部分と音声部分の両方を記録

に当てはまらない媒体を考えると、

 

・漫画

・小説

・ドラマCD

・舞台

・紙芝居

 

と言ったところだろうか?

 

漫画や小説のような媒体だったら
フィリップも問題なく出す事ができるし、

 

公式側で

 

だが、風都には彼らがいる!

「この街は俺の庭だ。ここで誰ひとり泣いてて欲しくねえんだ」
「翔太郎、そこは俺じゃなくて俺たちの、だろ?」

そう!あの“二人で一人の探偵”が帰ってくる

 

引用元 – 新たなるビギンズナイト!? “あの街”の探偵が帰ってくる

 

と書いてある事から
フィリップも普通に出てくると考えられるし、

 

漫画や小説という形で
仮面ライダーWの続編を展開するかもしれない。

 

ただ小説は

講談社から仮面ライダーWの小説

を出版している事を考えると
なさそうな感じはしてくるけど。

 

そしてドラマCDや舞台に関しても

ビジュアルにおいて
フィリップがいなくて翔太郎だけなので、

可能性としてなくはないけど、

 

情報を発表してる媒体が
児童向け雑誌であると考えると、

 

子供が手を出しづらいと考えられる
ドラマCDや舞台はなさそうな気がしてくる。

 

 

仮面ライダーWの続編が映像作品でないなら媒体はまとめ

仮面ライダーWの続編が
映像作品ではないという事であり

 

映像作品以外での媒体だと

 

・漫画

・小説

・ドラマCD

・舞台

・紙芝居

 

といったものが当てはまるけど、

 

果たしてどのような形で
続編を展開するか気になるところだ。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ