レリゴーおばさんの由来ってどこからきてる?【アナ雪】

LINEで送る
Pocket

アナ雪の主題歌と言えば
レリゴーで通っている

 

 

レット・イット・ゴー

になるわけだけど、

 

それと同時に

レリゴーおばさん

なんて言葉も耳にする。

スポンサードリンク

 

 

レリゴーおばさんの由来ってどこから来てるのか?

レリゴーおばさんというのは
一体誰のことなのかというと、

 

アナ雪のエンドロールつまりEDを歌ってる

May J.さん

のことなのである。

 

上記の動画が
May J.さんが歌ったレリゴー

 

実際にアナ雪は劇中のレリゴーを

エルサを演じている
松たか子さんが歌っているのだけど、

 

EDのレリゴーを歌ってるのは
松たか子さんではなくMay J.さんなのだ。

 

それで何故、

May J.さんがレリゴーおばさん等と
呼ばれてるのかという由来は

 

レリゴーが
劇中で松たか子さんが歌ってる印象が強いから

というのが挙げられる。

 

レリゴーと言えばまず

劇中でエルサが歌ってるシーンが
一番印象が強いと思うし

 

レリゴーを劇中で歌ってるのは
松たか子さんなので

 

レリゴー=松たか子さん

みたいなイメージが出来上がってしまってるのだ。

 

しかし、

アナ雪の劇中でレリゴーを歌ってた松たか子さんは
音楽番組等のメディアで歌を披露することは無く、

 

レリゴーを歌番組で披露するのは
EDを歌ったMay J.さんばかりだから

 

アナ雪に便乗している

という事でレリゴーおばさんと呼ばれてしまってるわけだ。

 

一応本家とも言えるアナ雪の英語版でも

 

この曲は挿入歌としてエルサを演じるイディナ・メンゼルが歌い、
キャラクターが王国を離れて氷の宮殿を建てる際に使われる[13]。

主題歌にはデミ・ロヴァートが歌う「レット・イット・ゴー」が使用される。

 

アナと雪の女王(Wikipedia)

 

とのことで

劇中挿入歌と主題歌で
歌ってる歌手が違ってはいるのだが、

 

挿入歌を歌ってる松たか子さんがメディアで歌わず
May J.さんばかりが歌ってるから

上記のような声が挙がってるのだろう。

 

スポンサードリンク

 

レリゴーおばさんの由来は他にも?

その他にも
May J.さんがレリゴーおばさんと言われる由来は

 

May J.は元々カバーソングのイメージが強く
ヒットした曲の大半がカバー曲となってるので、

 

レリゴーのイメージは松たか子さんが強い

という事だけでなく、

 

May J.さんはカバーソングのイメージが強い

という部分もあり、

 

メディアでレリゴーを披露するMay J.さんは
あまりいい印象を持たれずに

レリゴーおばさん

と呼ばれてしまってる由来となってる。

 

 

レリゴーおばさんの由来まとめ

レリゴーおばさんの由来については以上。

 

今夜アナ雪が地上波で初放送となるけど、

果たしてMay J.さんが歌ってる
エンドロールのレリゴーは流れることになるのだろうか?

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ