ジュージューバーガーのガシャットはどのゲームが元ネタか?

LINEで送る
Pocket

エグゼイドの最新話で
ジュージューバーガー ガシャットで変身する

 

バーガーアクションゲーマー レベル4

が登場する。

 

そんなジュージューバーガー ガシャットの
元ネタと思われるゲームについてまとめてみた。

スポンサードリンク

 

 

ジュージューバーガーはバーガーバーガーが元ネタ?

ジュージューバーガー ガシャットの
元ネタのゲームと言われている物として

バーガーバーガー

が挙げられる。

 

ちなみにバーガーバーガーは
概要としてこんなゲームとなる

 

プレイヤーはハンバーガーチェーンのオーナーとなり、
チェーンを拡大してゆく。ハンバーガーの開発、メニューの入れ替え、
ノウハウへの投資、社員の雇用などをしながら、
100店舗を達成するのが目標。1ヶ月あたりに出店できる数が限られているため、
計画的に店舗を展開する必要がある。

 

引用元 – バーガーバーガー(Wikipedia)

 

プレイはしたことないから
なんとも言えない部分はあるけど、

概要を見た感じだと

 

ハンバーガーを開発(作る)という部分こそあれ

重点に置いてるのは作るというよりも
店を経営するといったところだろうと思う。

 

ジュージューバーガーは見た感じ
ハンバーガーを作るゲームと言った感じなので、

バーガーバーガーはちょっとずれてるかもしれない。

 

スポンサードリンク

 

ジュージューバーガーはバーガータイムが元ネタ?

ジュージューバーガー ガシャットの
元ネタと言われてるゲームはもう1つ

 

 

バーガータイム

と呼ばれるゲームが存在する。

 

ゲームの概要としては

 

コックの姿をした主人公、ピーターペッパーをレバー操作で移動し、
巨大なハンバーガーの具材の上を歩きに重みをかけて落下させる、
固定画面のアクションゲームである。具材(パンズ)を
すべて落としてバーガーを全て完成させれば1面クリア。

 

引用元 – バーガータイム(Wikipedia)

 

と言った感じで

ハンバーガーを作るアクションゲーム

と言った感じになっていて、

 

アクションゲームをモチーフとしてる
エグゼイドにあっていると思うし、

ジュージューバーガー ガシャットの元ネタは
おそらくバーガータイムと思われる。

 

実際

1982年にアーケードで
データイーストから発売されてはいるものの、

 

後にLSIゲーム版がバンダイから
1983年に発売されているし、

ファミコン版もナムコ(現バンダイナムコ)から
1985年に発売されている。

 

 

ジュージューバーガー ガシャットの元ネタまとめ

ジュージューバーガー ガシャットの元ネタは

・ハンバーガーを作るアクションゲーム

という観点から見ても

 

バーガータイム

なのではないかと思われる。

 

とりあえず、

バーガーアクションゲーマー レベル4が
本編でどんな活躍するか気になるところ。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ