ルナーリアの意味は ワンピースだと?

LINEで送る
Pocket

ワンピースの1023話で

 

 

ルナーリア族

という言葉が出たけど、

 

ルナーリアとは
どんな意味の言葉なんだろう?

スポンサードリンク

 

 

ルナーリアの意味は?

ルナーリアで調べたら

箱ワインの銘柄とか
競走馬のサートゥルナーリア

 

そして「ルナリア」で調べたら
ゴウダソウの別名が出てくるけど、

 

ルナリア(Lunaria)は

月のような

という意味を持つラテン語

 

他にも

ムーンストーン(月長石)のことを
イタリア語では

 

ルナーリア(lunaria)

と呼んでいる。

 

だから、

ルナーリアという言葉は
ワンピースでも月に関連してそうだし、

 

他の作品では月の出身者を

ルナリアン

と呼ぶことがあるので、

 

ルナーリア族もおそらくは

月の一族

になると思う。

 

スポンサードリンク

 

ルナーリアの意味はワンピースでは?

ルナーリア族は
ワンピースで出た情報によると

 

サンジが燃えてることに対し

ルナーリア族じゃあるめえし

とクイーンが言って
それにキングが反応していたし、

 

キング自体が希少な種族だと言われ
炎を出すことができている。

 

さらに

マリージョアができるずっと昔に

赤い土の大陸(レッドライン)の上には
「神の国」があって発火する種族が住んでいた

ということがマルコや白ひげから語られてたので

 


YAZAHOH ワンピースGKキング/12.6インチ 立位火災災害 アニメモデル PVC素材 強大で横暴 コレクション オタクボックス 箱入りの子供たちの最高の贈り物 ホリデーギフト

 

キングはルナーリア族

ということになると思う。

 

そしてワンピースで月といえば

 

 

エネルが月のことを

限りない大地(フェアリーヴァース)

と呼びそこへ帰るのを目的としていた。

 

さらに限りない大地(フェアリーヴァース)は

エネルの生まれた空島では
神はそこに存在するものとされていたし、

 

エネルを主役とした表紙連載の
「エネルのスペース大作戦」では

月の地下に都市があり
そこには月の古代都市ビルカの壁画があった。

 

壁画には

太古に生きた翼をもった”月の人”

の存在が描かれていたし、

 

資源不足で青色の星へ飛ぶ

とも書かれていた。

 

そしてキングが翼をもってるのを踏まえると

ルナーリア族は地球へやってきた月の民で
キングはその末裔

と考えられるし、

 

地球へ降りたルナーリア族が
赤い土の大陸の上に神の国を作った

ということなのかもしれない。

 

ただワンピースでは

空島のスカイピアの住民や
黄金文明シャンドラの末裔のシャンディア

といった翼の生えた人がいるし、

 

エネルの故郷の空島のビルカが
月の古代都市と同じ名前なところから

 

スカイピアの住民やシャンディア、
ビルカの住民達も恐らくは

月の人(ルナーリア族)の末裔

と思われるし、

 

ルナーリア族の中には
赤い土の大陸だけでなく

空島や青海の島に降り立って
国を作った人達がいたのかもしれない。

 

だけど、

空島編に登場したキャラや
空島出身の怪僧ウルージは

体から炎を出してる姿は確認できなかったし、

 

キングが体から火を出せるのには
まだ何か秘密がありそうな気もする。

 

 

ルナーリアの意味まとめ

ルナーリアの意味を調べると

過去にワンピースに出てきた伏線と
繋がる要素が見えてきたけども、

 

ルナーリア族の詳細について
詳しくわかるのはいつの日になるか。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ