ウルトラマン トリガー 3話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2021年7月24日放送の

 

 

ウルトラマン トリガー 3話

超古代の光と闇

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(ウルトラマン トリガー 2話の感想 あらすじはこちら↓

ウルトラマン トリガー 2話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウルトラマン トリガー 3話のあらすじは?

ウルトラマン トリガー 3話

第3話「超古代の光と闇」

のあらすじはあにてれ公式だとこんな感じ。

 

宇宙一のトレジャーハンターを
名乗る男・イグニスがユナを狙ってやってきた!

ユナを狙う理由とは…?

そして暗雲をまとい現れたガゾートに、
トリガーは高速の動きで対抗する!

宇宙一のトレジャーハンターを名乗る男・
イグニスがユナを狙ってやってきた!

彼がユナを狙う理由は一体何なのか!?

そして暗雲をまとい現れたガゾートに、
GUTS-SELECTも大苦戦!

こうなったら高速の動きで
全部まとめて解決だ!ケンゴ!!

 

引用元 – 第3話「超古代の光と闇」

 

イグニスが本格的に動いたり
ヒュドラムが初登場したり、

 

スカイタイプ初登場に
ガゾートも再登場の

色々と目白押しな回。

 

スポンサードリンク

 

ウルトラマン トリガー 3話のあらすじからの予想等

ウルトラマン トリガー 3話のあらすじから
展開の予想等をしてみる。

 

 

2話で顔見世していたイグニスが
本格的に活動を開始して、

ユナを狙ってくるようだけど、

 

ユナは2話でユザレと
何か関係があることが示されてたので

イグニスが狙うのもそれが関連しているのか?

 

そしてイグニスは敵っぽいけど
3人の闇の巨人が敵としていたり

 

OPにも登場しなかったりと
立ち位置が不明のキャラだけど、

今後どう転んでいくのだろう?

 

イグニスだけでなく
ヒュドラムも登場の回だけど、

 

予告や事前に流れてた
本編の映像を見たところだと

ヒュドラムもユナを狙ってるようだし、

 

予告でヒュドラムが出てるシーンでは
イグニスの姿が見えないことから

偶然同時に狙ってるとも思えないし、

 

イグニスとヒュドラムは
手を組んでいたりするのだろうか?

 

3話ではスカイタイプ登場で
ガッツファルコンとも連携のようで

今から空中戦が楽しみ。

 

怪獣だとガゾートも久々に
映像作品に登場だけど、

 

ヒュドラムと戦う場面が予告であるから
前座になってしまいそうな気がする。

 

ガゾートについてはこちらも↓

ガゾートがウルトラマン トリガーで復活 スーツはアトラク?

 

 


ウルトラマン ウルトラアクションフィギュア ウルトラマントリガー スカイタイプ

 

ウルトラマン トリガー 3話の感想 まとめ

ウルトラマン トリガー 3話の感想等を
Twitter上からざっくりとまとめてみた。

 

 

 

 

ヤバイ花だと思わせて・・・な展開あったりする?

 

 

OP的にイーヴィルトリガーかトリガーダークになりそう

 

 

 

 

制作側も最初に出たときはバスコ意識して作ってそう

 

 

ユナとユザレの関係やエタニティコアも知らなさそうだし

 

 

これで闇の巨人とイグニスが手を組む展開なくなったか

 

 

似てるのはユナが直接変身していたから?

 

 

マルゥルの台詞から過去にもトリガーの世界に出現してるっぽい?

 

 

スーツの質的な理由かな?

 

 

 

エサは友達さ

 

 

 

色変わってからパーツ付く変身いい

 

 

CGも当時よりだいぶ進化してるからね

 

 

スピードタイプらしい戦いぶりだった

 

 

 

割とよくあるキャラ付けな気もする

 

 

10年前にヨホホイの力の元ネタの敵の海賊やってたのに

 

 

 

目覚めてから100年の間にイグニスと因縁できたんだろうし
他にも色々な星で悪さしてたのだろうか?

 

 

まさかユナとユザレの関係がこんな早く明かされるとは

 

 

ウルトラマン トリガー 3話の感想 あらすじまとめ

ウルトラマン トリガー 3話の感想やあらすじは以上。

 

タイプチェンジや闇の巨人を出す都合上
1話に詰め込み過ぎてる印象だけど、

4話以降は変わってくるのだろうか?

 

ウルトラマン トリガー 4話の感想 あらすじはこちら↓

ウルトラマン トリガー 4話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ