仮面ライダー セイバー 34話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2021年5月9日放送の

 

 

仮面ライダー セイバー 34話

目を覚ます、不死の剣士。

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダー セイバー 33話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 33話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー セイバー 34話のあらすじは?

仮面ライダー セイバー 34話

目を覚ます、不死の剣士。

のあらすじは東映公式によるとこんな感じ。

 

飛羽真と賢人、
マスターロゴスの前に現れたルナ。

再会も束の間、ルナは消えてしまうが飛羽真は

ルナが生きていた喜びを噛み締め、
賢人は戸惑う。

そしてマスターロゴスは新たな禁書を開く。

その本には古の不死の剣士・バハトが封印されていた。

「人がいるから、世界があるから、
力があるから争いが起こる。全ては無に帰す」

剣士を次々と襲うバハト・
仮面ライダーファルシオン。

ユーリの口から語られるバハトの過去。

そして、セイバーを巡って戦う
ファルシオンとカリバーを前にして

最光がまさかの――。

 

引用元 – 第34章「目を覚ます、不死の剣士。」

 

映画に登場した

仮面ライダーファルシオン

が本編でも登場する話。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー セイバー 34話の感想まとめ

仮面ライダー セイバー 34話の感想等を
Twitter上からざっくりとまとめてみた。

 

 

 

 

そういえば戦隊ヒーローつながりもあった

 

 

 

アマゾンズを引っ張り続ける伝説のヒモ

 

 

 

聖剣の力を無に帰す以外にもパワーアップしてるでしょ

 

 

 

 

スタッフ狙ってやってるでしょ

 

 

友の剣士の掘り下げは多分ないだろうなぁ

 

 

ライダーではよく発生する事案

 

 

あとはもう太陽に放り込むしかない

 

 

 

ユーリは後でどうせ復活するフラグ

 

 

オロナミンCのCM的にも戻る日は近い?

 

 

玲花も最終的に切り捨てられるのか?

 

 

 

ついに戻ってきたけどタイミング的には間が悪いか

 

 

仮面ライダー セイバー 34話の感想をさらにまとめる

仮面ライダー セイバー 34話の
感想等をさらにまとめてみると、

 

 

仮面ライダーファルシオンが

マスターロゴスによって封印を解かれて
本編でも登場するけど、

 

映画のバハトも

非常に危険な存在で封印されてたのを
何者かによって封印が解かれてたから、

 

おそらく映画の時も
マスターロゴスが封印を解いてたんだと思う。

 

映画ではバハトは
世界を滅ぼそうとしていたけど、

 

どうにもユーリと知り合いのようだったけど
描かれたのは壮絶な過去で

味方の剣士による裏切りなら
人を信じられなくなるのも仕方ないかも。

 

バハトが初登場した短編映画では
あまり掘り下げが行われなかったけど、

 

もうちょっと長い尺の映画なら

バハトの過去の掘り下げも
もしかしたらやってたのかもしれないし、

 

セイバー本編に出るのも
無名剣虚無だけになってたかもしれない。

 

また、
もしかしたらバハトの過去が

 

ユーリが聖剣一体化しようと思った
理由の1つでもあったりするのかもと思ってたけど

まさにその通りだった。

 

飛羽真に対してバハトが

選ばれし者だったのか

と言ったり

 

飛羽真がいずれ力に飲まれることを
言っていたけども、

 

これは後々登場するであろう
最終フォームのことなのだろうか?

 

そしてマスターロゴスもバハトと別に
神代兄妹も動かすようだし、

 

公式の画像の中には
玲花が最光を持ってるものもあったから

 

最光も奪われてしまうと思ってたけど
実際にそんな展開に。

 

まぁ流石にユーリはこのまま退場せず
後々復活するんだろうけど。

 


バトルスピリッツ CB17-010 仮面ライダーファルシオン エターナルフェニックス R

 

仮面ライダー セイバー 34話の感想 あらすじまとめ

仮面ライダー セイバー 34話の
感想やあらすじ等は以上。

 

マスターロゴスの元に
聖剣が集まりつつあるようだけど、

それによって全知全能の書が
復活する事態になってしまうのか?

 

仮面ライダー セイバー 35話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 35話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ