仮面ライダー セイバー 22話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2021年2月14日放送の

 

 

仮面ライダー セイバー 22話

それでも、人を救いたい。

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

仮面ライダー セイバー 21話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 21話の感想 あらすじまとめ

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー セイバー 22話のあらすじは?

仮面ライダー セイバー 22話

それでも、人を救いたい。

のあらすじは東映公式だとこんな感じ。

 

サウザンベースでは大秦寺の
離脱が大きな波紋を呼んでいた。

大秦寺を蔑む発言をした玲花に
対して尾上が意を唱える。

一方、久しぶりに仲間が
戻り喜びを噛み締める飛羽真。

そして、火炎剣烈火が赤く光り、
メギドと人間を分離しかけたことに希望を見出す。

そんな中、ストリウスは前回倒された
メギドのアルターブックをもう一人の

ターゲットに入れる。

それは、前回の被害者である
マミの双子の妹・レミだった。

レミを探す飛羽真と芽依の前に
尾上が立ちはだかる。

果たして、その真意とは?

 

引用元 – 第22章「それでも人を、救いたい。」

 

今度は尾上さんと剣を交えたり、

双子フードファイターの妹が
カリュブディスメギドになったりする話。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー セイバー 22話の感想まとめ

仮面ライダー セイバー22話の感想等を
Twitter上からざっくりとまとめてみた。

 

 

 

 

 

 

大秦寺さん自由になりすぎ

 

 

ドラゴニックナイトは?

 

 

 

 

小説家だけど剣士でもある

 

 

 

離反される言動をとってる自覚が玲花になさそうなのが

 

 

双子だからと言って全部が同じじゃない

 

 

体があるのもいいことばかりではない

 

 

設定が忘れられるのは仮面ライダーでよくあること

 

 

それだけ漫画に影響されているという

 

 

仮面ライダー セイバー 22話の感想をさらにまとめる

仮面ライダー セイバー 22話の
感想等をさらにまとめると、

 

 

今度は尾上さんと剣を交えることになり、

バスターが剣士として
戦い続けるのには理由がある

とのこと。

 

ノーザンベースの剣士の中では
比較的話が通じそうな尾上さんとも

戦うことになるのだけど、

 

空や若い剣士の未来を守るために
戦っているという理由があることや

 

ここでソードオブロゴスを離脱すると
倫太郎や蓮だけになって心持たないだろうし、

一応残る形にはなるのかなと思ったり。

 

そして、

東映公式に掲載されていた画像だと
大秦寺さんがルパンダイブしてたけど、

 

光の剣と一体化してるユーリは

刀鍛冶である大秦寺さんにとっては
興味を引く対象ということなのかもだけど

 

まさかあそこまで暴走するとは思わなかったし

このまま大秦寺さんが
ネタキャラ化まっしぐらな感じになるかも。

 

そして、

メギドが倒されてしまった後に
新たなライドブックが制作されたし、

 

ストリウスの言う禁書というものが

次回に登場する新フォームの
ワンダーライドブックなのかも注目したい。

 

 

仮面ライダー セイバー 22話の感想 あらすじ まとめ

仮面ライダー セイバー 22話の感想 あらすじは以上。

 

この調子だと尾上さんも
味方側のキャラになるのだろうけど、

残る倫太郎と蓮は仲間に引き入れるのは
とても苦労するのではないかと思う。

 

仮面ライダー セイバー 23話の感想 あらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 23話の感想 あらすじ まとめ

 

仮面ライダー セイバーの見逃し 配信はこちら↓

仮面ライダー セイバーの見逃し 配信は?

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ