キラメイジャー 36話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2020年12月20日放送の

 

 

キラメイジャー 36話

RAP【ラップ】

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(キラメイジャー 35話の感想 あらすじはこちら↓

キラメイジャー 35話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

キラメイジャー 36話のあらすじは?

キラメイジャー 36話

RAP【ラップ】

のあらすじは東映公式によるとこんな感じ。

 

地球に再び降り立ったクランチュラは、

特製のマイクを握りしめ、
何やら不気味なビートを刻んでいた。

どうやら「ラップ」に興味を持ったらしく、

ディスラップで人間を罵ることで、
闇エナジーを生み出そうと目論んでいるようだ。

一方、CARATでは為朝たちが
パーティーの準備に張り切っていた。

この日はクリスタリアの聖なる日『クリスタス』。

別名「感謝の日」と
呼ばれているクリスタリア伝統の祝祭で、

いつもお世話になっている相手に感謝を伝えながら
パーティーを催す習わしがあるという。

為朝たち以上に盛り上がっていたのが魔進チームだったが、
そこにタイミング悪くヨドン反応が。

為朝たちは出動する!

買い出しで外出していた充瑠と宝路が
遅れて現場に駆けつけると、

そこには敵はおらず、
為朝たちが何やら虚ろに、ただただ突っ立っていた。

まさか…闇のクランチュラップに
やられてしまったのだろうか…

 

引用元 – エピソード35 RAP【ラップ】

 

為朝たちが魔進達を罵ったことで
キラメイジャーとの絶交を宣言してしまったり、

クランチュラとラップバトルをする話。

 

スポンサードリンク

 

キラメイジャー 36話の感想まとめ

キラメイジャー 36話の感想等を
Twitter上からざっくりまとめてみた。

 

 

 

 

ラップバトルだからしょうがない

 

 

 

言葉だって人を傷つける

 

 

 

 

 

もっといろんな格好して

 

 

 

 

ラップバトルを悪意と解釈するかリスペクトと解釈するかは
キラメイジャーの作中でも描かれていた感じ。

 

 

クリスマス回だから盛大に

 

;

 

 

 

もうちょっと真面目な前後編の話をせめて・・・

 

 

キラメイジャー 36話の感想をさらにまとめる

キラメイジャー 36話の感想等を
さらにまとめてみると、

 

 

クリスマス回なのだけど
同時にラップ回でもあるという

まさに異種ともいえる話になってたけど

 

リスペクトあってのディスということ

ラップバトルは悪意をぶつけるだけでなく
相手に対してのリスペクトあってのものと

フォローも入れていた印象。

 

クランチュラとラップバトルを繰り広げたり
ヨドンナもラッパーの格好をしたりと

ちょっとカオスな感じになりそうだけど、

 

邪面師は登場しないみたいだし

クランチュラが36話で退場しないか
ちょっと心配だったりするし、

 

実際に爆発に巻き込まれていたけど

まだクランチュラ役の高戸靖広さんが
オールアップした報告はないから

まだ登場する可能性はあるかもしれない。

 

そして、

4大巨神はまたしても勢ぞろいで
クリスマスへの販促回の側面もありそう。

 


スーパー戦隊シリーズ 魔進戦隊キラメイジャー Blu-ray COLLECTION 1

 

キラメイジャー 36話の感想 あらすじ まとめ

キラメイジャー 36話の感想 あらすじは以上。

 

まさかのラップバトルとなっていて

こういう話ができるのも
今年までなのかなと思ったりも。

 

キラメイジャー 37話の感想 あらすじ等はこちら↓

キラメイジャー 37話の感想 あらすじ まとめ

 

キラメイジャーの見逃し 配信はこちら↓

キラメイジャーの見逃し 配信はどこでやってる?

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ