仮面ライダー セイバー 12話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2020年11月29日放送の

 

 

仮面ライダー セイバー 12話

約束の、あの場所で。

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダー セイバー 11話の感想やあらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 11話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー セイバー 12話のあらすじは?

仮面ライダー セイバー 12話

約束の、あの場所で。

のあらすじは東映公式によるとこんな感じ。

 

15年前の真実、

そして父の行方を求めて
上條に立ち向かった賢人だったが、

カリバーの新たな力の前に、
絶体絶命のピンチに陥った。

その時、体を張って救ったのは倫太郎だった。

カリバーの凶刃に倒れた倫太郎は……。

一方、街では6箇所が同時に
ワンダーワールドに取り込まれ、

セイバーと剣斬が2箇所でメギドを倒したが、
街が元に戻らず巨大な光の柱が立ち上り、

上空に光の輪が現れる。

残る4箇所では今なおメギドが人々を苦しめている。

ソフィア不在の中、

罠だと知りつつ人々を救うために
4つの街に向かう飛羽真たち。

しかし、賢人だけはその様子を見て、
何かを思い出していた。

鍵は15年前。賢人は一人、
15年間の想いに決着をつけるため、

ある場所を目指す。

 

引用元 – 第12章 約束の、あの場所で。

 

ワンダーワールドに取り込また
街を救うために

剣士達とメギドの大きな戦いが起こったり

 

賢人が過去に決着をつけるために
上條に戦いを挑むという感じの話。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー セイバー 12話の感想をさらにまとめる

仮面ライダー セイバー 12話の
感想をさらにまとめてみると

 

 

ワンダーワールドに取り込まれた
6つの街のうち2つに光の柱が出現したけど、

 

この柱は剣士達の聖剣と
ワンダーライドブックが関連してるらしく、

 

2つの柱がおそらく炎と風だろうから

剣士の属性を集めて
何かをしようとしているのかもしれない。

 

そして12話では

メギドの幹部も動き出して
全面対決という感じになってるし、

 

年内における
大きな山場という感じになりそう。

 

そして賢人は
上條に対して戦いを挑むけど、

その一太刀・・・命にかけて

と予告に合ったりすることや

 

俺達には大切な約束があったんだ

なんてことを言っていたりと
なんだか退場しそうな雰囲気が

 

とはいえ、

一応エスパーダは
番組における3号ポジだろうし、

 

流石にここで退場するには早すぎると思うし
するにしても後で復活しそう。

 


仮面ライダーセイバー ライダーヒーローシリーズ04 仮面ライダーカリバー ジャオウドラゴン

 

仮面ライダー セイバー 12話の感想やあらすじまとめ

仮面ライダー セイバー 12話の
感想やあらすじ等については以上。

 

年内の多き戦いになりそうな
12話という感じだけども、

ここからセイバーの話も
大きく動き出しそうな予感がする。

 

仮面ライダー セイバーの見逃し 配信はこちら↓

仮面ライダー セイバーの見逃し 配信は?

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ