仮面ライダー セイバー 6話の感想 あらすじまとめ

LINEで送る
Pocket

2020年10月11日放送の

 

 

仮面ライダー セイバー 6話

疾風の如く、見参。

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダー セイバー 5話の感想やあらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 5話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー セイバー 6話のあらすじ

仮面ライダー セイバー 6話のあらすじは
東映の公式だとこんな感じ。

 

闇の剣士・カリバーは賢人の父親だった。

しかし、その事実を飛羽真はまだ知らない。

そんな飛羽真の前に新たな剣士が現れる。

明らかに自分より年下の緋道蓮に
格下扱いされて内心穏やかではない飛羽真。

賢人を慕う蓮は、飛羽真が賢人の幼馴染みだと
知りライバル心を燃やす。

そんな中、ストリウスとデザストが
動き出し飛羽真に迫る。

一方、ズオスと遭遇した倫太郎と芽依は…。

 

引用元 – 第6章「疾風の如く、見参。」

 

6話から仮面ライダー剣斬が登場で

さらに飛羽真が変身できなくなって
アヴァロンへ行く話。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー セイバー 6話の感想まとめ

仮面ライダー セイバー 6話の
Twitter上での感想等をまとめてみた。

 

 

 

 

 

終盤になるにつれて勝率下がっていきそう

 

 

 

 

すでに発売されるの発表されてるアイテムが眠ってる。

 

 

 

 

でもデザスト多分今年中には倒されると思う

 

 

 

 

もしかして仮面ライダースラッシュ?

 

 

 

 

倫太郎は力を求めて闇へと堕ちるのかそれとも

 

 

仮面ライダー セイバー 6話の感想をさらにまとめる

仮面ライダー セイバー 6話の感想を
さらにまとめてみると

 

 

仮面ライダー剣斬が初登場で

見た目からしてスピードタイプだし
持ってる剣は手裏剣にもなるということで

忍者っぽい印象を感じる。

 

2022年のミライダーで
仮面ライダーシノビがいるけども

それよりも早く登場しているかのような
印象を感じる。

 

そして蓮は飛羽真とは賢人絡み等で
対立をするようだけし、

 

生意気な態度をとっていた印象だけど、
今後打ち解けるのか気になるところというか

今後は割と友好的になるのかも。

 

そしてセイバーに変身できなくなったら
アヴァロンへ行くということだけど、

 

アヴァロンという名称を考えると

エクスカリバーが絡んできそうだけど
キングオブアーサーはここで手に入れるのか?

 

ズオスと倫太郎の間にも因縁があり、
今回はズオスに敗れてしまうことになったけど

 

ED後のCパートで

保管されていたワンダーライドブックを
手に取ってるのはどうにも闇堕ちフラグっぽくも。

 

後、

大秦寺がソフィアから
スラッシュと呼ばれていたけども、

 

大秦寺が今後仮面ライダーへと
変身する布石なのだろうか?

 

大秦寺とスラッシュについてはこちらも↓

仮面ライダー スラッシュに大秦寺が変身する【セイバー】

 

 


【2020年10月 予約商品】DXキングエクスカリバー&キング オブアーサーワンダーライドブック 「仮面ライダーセイバー/聖刃」

 

仮面ライダー セイバー 6話の感想 あらすじまとめ

仮面ライダー セイバー 6話の
感想やあらすじについては以上。

 

ストリウスやズオス等の
幹部メギドも本格的に接触してきて

話も大きく動きそうな予感。

 

仮面ライダー セイバー 7話の感想やあらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 7話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ