仮面ライダー セイバー 3話の感想 あらすじ まとめ

LINEで送る
Pocket

2020年9月20日放送の

 

 

仮面ライダー セイバー 3話

父であり、剣士。

の感想やあらすじ等をまとめてみた。

 

(仮面ライダー セイバー 2話の感想やあらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 2話の感想 あらすじ まとめ)

 

 

スポンサードリンク

 

 

仮面ライダー セイバー 3話のあらすじは?

仮面ライダー セイバー 3話のあらすじは
東映の公式によるとこんな感じ。

 

ライオンに乗った青年の次に現れたのは
空飛ぶ絨毯に乗った青年だった。

飛羽真に親しげに話しかける
その青年の名は富加宮(ふかみや)賢人。

賢人は飛羽真の幼なじみだった。

飛羽真が見る夢、
15年前の出来事の何かを知っているのか・・・。

さらに異変に駆けつけた飛羽真と
倫太郎の前に新たな剣士が現れる。

大剣を担ぎ豪快にメギドを一刀両断する
土の剣士・仮面ライダーバスターこと尾上亮。

尾上はなんと子連れ剣士だった。

 

引用元 – 第3章「父であり、剣士。」

 

 

飛羽真の幼馴染を名乗る
富加宮賢人が改めて登場と

仮面ライダーバスターの登場回という感じ。

 

スポンサードリンク

 

仮面ライダー セイバー 3話の感想をまとめる

仮面ライダー セイバー 3話の感想等を
ざっくりとまとめてみた。

 

 

予算の犠牲となる怪人の種類

 

 

今後どんなライダーが出てくるのか

 

 

 

意外とめんどくさそうなタイプだった。

 

 

絶対強い

 

 

あの回に出てた子供だったのか!?

 

 

 

仮面ライダーは変な兄ちゃんばかり

 

 

少年の心を失っていないだけだ

 

 

 

同じ色3冊だとどうなる?

 

 

 

大剣持っていうと重圧感すごい

 

 

仮面ライダー セイバー 3話の感想をさらにまとめる

仮面ライダー セイバー 3話について
さらに感想等をまとめてみると

 

 

飛羽真は幼馴染の賢人のことを
忘れてしまっているようだけど、

 

だいぶ昔に会ったきりだから
忘れてしまってるだけかもしれないけど、

 

15年前の出来事について
飛羽真は忘れてしまってる部分があるから、

もしかしたら賢人のことも
何らかの理由で忘れているのかもしれない

 

・・・と思っていたら

賢人のことは覚えていて
あの少女のことは忘れていたようだった。

 

あの過去に出てきた少女は
一体何者で今はどうしているのだろうか?

 

そして3話では子育て王の

仮面ライダー バスター

が登場する事になったけど、

 

その重量級の大剣使いという設定や

スーツアクターが
ガッチリ体系のキャラを演じることが多い

 

岡元次郎さん

なことを考えると
人気が出そうだなと思えてくるけど、

 

若者ライダー達を導く年長者キャラかと思ったら

サブライダーでよくある面倒くさそうなキャラだったのは
なんだか意外な感じがした。

 

今後は飛羽真のことを
認めていく感じになるのだろうか?

 

それにしても

3号ポジションになるであろう
仮面ライダーエスパーダよりも先に登場するとは。

 


仮面ライダーセイバー 変身聖剣 DX土豪剣激土 【予約9月】

 

仮面ライダー セイバー 3話の感想 あらすじまとめ

仮面ライダー セイバーも3話にして
3人目のライダーが登場したけども、

 

賢人が変身する仮面ライダーエスパーダは
いつ登場するのかも気になるところ。

 

仮面ライダー セイバー 4話の感想やあらすじはこちら↓

仮面ライダー セイバー 4話の感想 あらすじ まとめ

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ