ジャンプの2020年 30号の掲載順は 順位から今後を予想

LINEで送る
Pocket

2020年6月27日発売の

週刊少年ジャンプ 30号

の掲載順はどんな感じだろうか?

スポンサードリンク

 

 

ジャンプ 2020年 30号の掲載順は?

1.灼熱のニライカナイ(新連載 巻頭カラー)

2.僕のヒーローアカデミア

3.ハイキュー!!

4.破壊神マグちゃん(Cカラー)

5.アクタージュ act-age

6.タイムパラドクスゴーストライター

7.Dr.STONE(Cカラー)

8.あやかしトライアングル

9.森林王者モリキング

10.マッシュル-MASHLE-(Cカラー)

11.ボーンコレクション

12.呪術廻戦

13.ブラッククローバー

14.夜桜さんちの大作戦

15.アンデッドアンラック

16.チェンソーマン

17.AGRAVITY BOYS

18.ミタマセキュ霊ティ

19.ぼくたちは勉強ができない

 

ちなみにHUNTER×HUNTERだけでなく
ワンピースも休載。

 

スポンサードリンク

 

ジャンプ 2020年 29号の掲載順も

掲載順の参考ということで

前号のジャンプ 2020年 29号の掲載順は
このような感じ。

 

1.破壊神マグちゃん(新連載 巻頭カラー)

2.ハイキュー!!

3.ONE PIECE

4.あやかしトライアングル(Cカラー)

5.Dr.STONE

6.ボーンコレクション

7.呪術廻戦(Cカラー)

8.タイムパラドクスゴーストライター

9.アンデッドアンラック

10.ぼくたちは勉強ができない(Cカラー)

11.森林王者モリキング

12.マッシュル-MASHLE-

13.ミタマセキュ霊ティ

14.チェンソーマン

15.アクタージュ act-age

16.ブラッククローバー

17.AGRAVITY BOYS

18.魔女の守人(最終回)

19.夜桜さんちの大作戦

 

ジャンプ 2020年 29号の掲載順についてはこちらも↓

ジャンプの2020年 29号の掲載順は 順位からの予想も

 

 

ジャンプ 2020年 30号の掲載順から今後の予測も

ジャンプ 30号の新連載作品

灼熱のニライカナイ

はべるぜバブの田村隆平先生の新連載だけど、

 

前作の腹ペコのマリーが打ち切りになったので
この新連載がどうなるかは今後次第な感じ。

 

上位の方だと29号で15番目だったアクタージュが
5番目と大きく掲載順を上げてるけど、

 

よほどアンケートの結果がよかったのか
それとも入稿が早かったのか。

(まぁアクタージュは舞台化が決まってるから
打ち切りにはならないだろうけど)

 

そして

タイムパラドクスゴーストライターは
結構高い位置にいるし、

 

モリキングやボーンコレクションも
前号に続いて中位くらいの順位だから

このまま安定させれば
次の改変期での打ち切りは免れそう。

 

その一方で2020年 30号の下位は

 

AGRAVITY BOYS

ミタマセキュ霊ティ

ぼくたちは勉強ができない

 

の3作品となってしまってる。

 

ぼく勉は2020年 29号では
センターカラーだったけど

その前の2020年 28号では最下位だった。

 

とはいえ

まだあすみルートと真冬ルートが
残っているので、

 

掲載順位が低かったとしても
当分終わることはないと思うし、

 

終わりが近づいてる漫画はジャンプでは
下位に置かれる傾向があるので、

打ち切りの心配はしなくていいと思う。

 

その一方で
AGRAVITY BOYSは下位の常連になってるし

ミタマセキュ霊ティも少し前まで
終わりそうな雰囲気の内容だったから、

 

次の改変期で
連載終了になる可能性はあるかも。

 

ジャンプ 2020年 30号の掲載順まとめ

ジャンプ 2020年 30号で
3弾目となる新連載が始まって

31号でも新連載がスタートするけど、

 

果たしてここから

次の改変期に終了する漫画は
どの漫画になってしまうのだろうか?

 

ちなみにジャンプ 2020年 31号の掲載順はこちらも↓

ジャンプ 2020年 31号の掲載順は 順位から今後の予想も

 

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ