ヘディスが実在するスポーツってマジ?

LINEで送る
Pocket

今週のジャンプで

テニスの王子様で知られる許斐 剛先生の
新作読みきり漫画として

 

頭突け!!横浜謳歌高校XXxX部

という漫画が掲載されたけど、

 

実はこの漫画に登場するヘディスというスポーツは

なんと実際に存在するのである!

スポンサードリンク

 

 

ヘディスは本当に実在するのスポーツなの?

ヘディス(Headis)は、

卓球台を用いてゴム製のボールをヘディングにより打ち合う球技[1][2]。
ヘディング卓球ともいう[2]。

 

引用元 -Wikipedhia ヘディス

 

というWikipediaにもヘディスについての記述があったり

 

実際にドイツの田舎から発祥し
ジワリジワリと広がりつつあるという記事も存在する事から

([第75回]頭で卓球、ドイツのヘディス)

 

ヘディスというのは架空のスポーツではなく
実際に存在する競技なのである。

 

頭突け!!横浜謳歌高校XXxX部は
初っ端から突き抜けた展開を繰り返しており、

ヘディスが登場した時も
この漫画のために作った競技なのかと思ってたが、

 

後でヘディスが実在すると知った時は
正直衝撃を感じた。

 

このスポーツを思いついた人は
正直天才だと思わずにはいられないし、

 

このスポーツを題材にして
読み切りを書いた許斐 剛先生も

非凡な才能の持ち主なのだと私は思う。

 

どうでもいいけどこの漫画では

「テニスなんてチャラついたもん」

なんて台詞が登場するけども、

 

許斐 剛先生の代表作はテニス漫画なので
クスッと笑わずにはいられなかった。

 

スポンサードリンク

 

ヘディスのルールはどうなってるのか?

ちなみにヘディスのルールは
どのようになっているのかというと、

 

ルール[編集]
直径17.8cm、重さ100gのゴム製ボールを用いる[2]。
卓球台は卓球用のものを用いる[2]。

コート着地前に返球することもできるが[2]、
1バウンド以内で返せなければ相手方の得点となる[1]。
11点先取で勝ちとなるが、10点でデュースとなり2点差がつくまで続ける[1][2]

 

引用元 –Wikipedia ヘディス

 

というルールになっていて要するに

 

卓球のボールの代わりにゴムボールを使って
ラケットの代わりにヘディングを使う卓球

みたいな感じの競技で、

 

ルールの方も使うボールやヘディング以外は
そんなに卓球と変わらない感じだ。

 

卓球+サッカー

ともいうことができるだろう。

 

卓球とサッカーなんて
ふつうは組み合わせようと思わないだろうけど、

それを実際組み合わせたあたり、

 

普通の人にはない着眼点が
思いついた人にはあったのだろうと思う。

 

 

ヘディスは実在するスポーツだったまとめ

そんな感じでヘディスは
実際に存在するスポーツという意外な事実が判明した。

 

「こんなのないだろ」

と思うような競技が実際にあるあたり
ある意味ギャグのようにも感じるし、

 

それを用いて漫画を書いた許斐 剛先生は
やはり凄い漫画家なのだと感じる。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ