マモーの声優は この人が演じていた?

LINEで送る
Pocket

ルパン三世の劇場版アニメ作品

 

 

ルパン三世 ルパンVS複製人間
に登場するキャラクターとして

マモー

がいるけども、

 

マモーの声優は一体誰なのだろうか?

スポンサードリンク

 

 

マモーの声優は一体誰なのか?

ルパンVS複製人間における
マモーの声優は誰なのかと言えば

 

西村晃(にしむら こう)さん

 

西村晃さんは

俳優をメインとして活動されていて
数多くの映画やドラマに出演していたけど、

 

その中でも1983年から始まった

『水戸黄門』の第14部からの水戸光圀

がとくに有名で、

 

1983年から始まった14部から
1992年の第21部までの9年間にわたって

水戸黄門を演じてた。

 

ちなみに西村晃さんは

14部から水戸黄門を演じる前は
悪役や敵役が多かったため、

 

水戸黄門はまさに
役者としての転換ともいえる役柄だったと言える。

 

そして西村晃さんさんは
声優としての活動もしており、

 

 

テレビアニメ[編集]

野球狂の詩(1977年) – 岩田鉄五郎〈初代〉

劇場アニメ[編集]

わんわん忠臣蔵(1963年) – キラー[1]

ジャックと豆の木(1974年) – 豆売りの老人[2]

ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年) – マモー[3]

くるみ割り人形(1979年) –
ドロッセルマイヤー、不思議婆さん、森の人形使い、時計商人

 

俳優[編集]

ジャック・パランス

ホースメン(英語版)

チャトズ・ランド(英語版)

オクラホマ巨人(英語版)

刑事ブロンク(英語版)

 

洋画[編集]

87分署(ロバート・ランシング)

小さな目撃者(ライオネル・ジェフリーズ)

ブラジルから来た少年(ローレンス・オリヴィエ)

権力と陰謀 大統領の密室(ジェイソン・ロバーズ)

ザ・デイ・アフター(ジェイソン・ロバーズ)

セルピコ(ビフ・マクガイア) ※テレビ朝日版(思い出の復刻版ブルーレイに収録)

危険な来訪者(シャルル・アズナヴール)

マルコ・ポーロ シルクロードの冒険(フビライ・ハーン:イン・ボーチェン)

 

引用元 – 西村晃(Wikipedia)

 

 

といった作品に出演をしている。

 

こうしてみるとマモーは

西村晃さんが水戸黄門を演じる前に
声優として出演していたキャラクター何だと思うし、

 

いかにも不気味で怪人然としたマモーに
西村晃さんの声はよく合っていたと思う。

 

スポンサードリンク

 

マモーの声優は他にもいた?

実はマモーはルパンVS複製人間だけでなく

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標

のラストシーンにも登場するのだけど、

 

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標における
マモーの声優は誰なのかと言えば

 

尾花かんじ(おばなかんじ)さん

 

尾花かんじさんは俳優や声優として
活動をしているのだけども、

俳優としても声優としても端役が主という感じ。

 

ちなみに

ルパンVS複製人間で
マモーを演じていた西村晃さんは

 

1997年4月15日に享年74歳で
逝去されてしまっている。

 

だから

LUPIN THE III RD 次元大介の墓標

におけるマモーの声優は
西村晃さんから尾花かんじさんになっている。

 


1/6 メディコム スタイリッシュコレクション ルパン三世 & マモー

 

マモーの声優まとめ

マモーの声優については以上。

 

ルパンVS複製人間における
マモーの声優の西村晃さんも

俳優業をメインとしていた人だったけども、

 

昔の声優業は俳優の副業みたいなところがあったし、

俳優をメインとしてる人がアニメの声をやることも
昔は割とあったことなんだと改めて思う。

 

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ